News

日ハムが日米争奪戦を制して獲得した18歳「台湾の至宝」、U-18を圧倒したその実力はドラ1レベル! 高橋宏斗、阪神・森木級の素材だ

2023.10.17


日本ハムは中國文化大・孫易磊(スン・イーレイ)投手の獲得を発表した。大学1年生だが、2005年2月10日(18歳)と早生まれなため、U-18代表にも参加している。

日本の高校野球ファンにとっては、U-18ワールドカップの決勝戦で先発投手として投げた剛腕として記憶に新しいところだろう。

183センチ81キロとがっしりした体型から常時140キロ後半〜150キロ中盤の速球は威力抜群で、最速は156キロをマーク。日本代表を圧倒するピッチングをみせた。さらに130キロ後半の高速変化球も切れ味抜群で、台湾の至宝と呼ばれている。

MLB球界も注目していた逸材を、育成枠での契約とはいえ獲得できたことは、大きな戦力アップといっていいだろう。孫の能力は過去にドラフト1位で指名を受けた髙橋 宏斗投手(中京大中京-中日1位)、森木 大智投手(高知-阪神1位)の高校時代と比較しても負けていない。

日本ハムは高卒ドラフト1位クラスの投手を事前に獲得できたことになる。

即戦力とは言えないが、打者との駆け引きを学んでいけば、近未来の大きな戦力になりそうだ。数年後、孫がローテーションに入るようになると、一気に日本ハムの投手陣のスケールは大きくなる。大成することを期待したい。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.07

【春季静岡大会】知徳が初回のビッグイニングで快勝、富士市立の投手陣乱調につけ込む

2024.04.07

【広島】崇徳、近大福山、広島工などが県大会出場へ<春季県大会予選の結果>

2024.04.07

【高校日本代表候補合宿】小倉全由監督が健大高崎・箱山にスローイング指導!

2024.04.08

【春季東京都大会】佼成学園が日大三から悲願の勝利!狩塚の決勝三塁打、左腕・熊谷が力投

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?