News

あの解説者も「打球に鳥肌がたった」、仲田侑仁(沖縄尚学)の「打席で発する覇王色」【ドラフト注目選手名鑑】

2023.10.15


プロ志望届の提出が締め切られ、今年のドラフト会議が行われる26日に向けてのカウントダウンも始まった。

今年の高校生の中に、「ひときわ目立つ」スラッガーがいる。沖縄尚学(沖縄)の仲田 侑仁内野手(3年)。186センチ、96キロ。高校生としては立派すぎる体格で、右打席に入ると、バットを高くかかげ、しっかりと腰を下ろし、投手をにらみつける。その姿はプロ野球選手ではないかと思わせるほどの自信と落ち着きを感じさせる。ほれぼれするほどの構えから、高校通算22本をマークしてきた。

プロのスカウトからも「パンチ力がある」「タイミングの取り方も良くなった」と、その将来性の高さを評価する声も。

夏の甲子園準々決勝の慶應義塾戦では、左翼席へのアーチを放った。そのとき、夏の甲子園優勝投手でもある斎藤 佑樹氏(元日本ハム)がテレビ出演していたが、仲田の本塁打について「構えた時から雰囲気があった」「打った瞬間、鳥肌が立った」と表現していた。

今年のセンバツでは12本の本塁打が飛び出し、夏の甲子園では23本の本塁打が飛び出したが、春も夏も甲子園で本塁打を放ったのは、仲田だけだった。センバツは大垣日大(岐阜)戦で左中間への満塁本塁打。夏は試合には敗れたが、優勝した慶應義塾相手に先制2ラン。ともに高校野球ファンの心に残る1発だった。

ドラフト候補選手について「華のある選手」という表現がよく使われるが、仲田はその要素を十分に持ち合わせている。

【仲田内野手の詳細データはこちら】

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード