News

江口翔人(西日本短大附)は「スモールベースボールの申し子」だ!【ドラフト選手名鑑】

2023.10.12


170センチの体に野球センスがギュッと詰まっている。プロ志望届を提出した、西日本短大附(福岡)の江口 翔人内野手(3年)のプレーは、そんな表現がピッタリだ。1年夏から名門チームのレギュラーを務めてきた好プレーヤーが、プロからの指名を心待ちにしている。

華麗な守備はもちろんのこと、打撃面でも高校生離れした技術を持つ。どこにそんなパワーがあるのかというくらいに、鋭い打球を放つのも、並外れたコンタクト力のたまものだろう。

小学時代はソフトバンクジュニアメンバー入りを果たし、西日本短大附では1年夏からレギュラー。1番・二塁手として甲子園デビューも果たし、プロに進んだ二松学舎大附(東京)の秋山 正雲投手(現・ロッテ)から安打をマークした。

2年春は「1番・遊撃手」として九州大会で活躍。準決勝の小林西(宮崎)戦で本塁打を放つなど、チームを九州王者に導いた。秋には主将に就任し、最後の夏までチームを引っ張ってきた。勝利を義務づけられる名門チームの「トップ」、1番打者を務めて、野球の技術面以外にも多くを学んで成長してきた。

特に夏の成績はグンを抜いていた。1年夏の福岡大会では打率.368(19打数7安打)をマークし、四死球11と出塁でもチームに貢献した。2年夏には打率.450(20打数9安打)、3年夏は打率.583(12打数7安打)と、「夏男」ぶりを発揮していた。

スモールベースボールの申し子のようなセンスあふれた江口。プロの世界で、守備でも攻撃でもフィールドを駆け巡っている様子が目に浮かぶ。

【江口内野手の詳細データはこちら】

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!