News

18年ドラフト組、ソフトバンクでは甲斐野、板東が奮闘中

2023.10.04


甲斐野 央

10月26日にドラフト会議が開催される。野球界では、「ドラフトの成否は5年、10年経たないと分からない」とよく言われる。今シーズンが5年目のシーズンとなる2018年ドラフト指名選手たちは、どのような状況なのだろうか。球団別で振り返ってみたい。

2018年のドラフト会議でソフトバンクは小園 海斗内野手(報徳学園出身=現・広島)、辰己 涼介外野手(出身=現・楽天)と2度抽選を外した。3度目の入札で交渉権を獲得したのが甲斐野 央投手(東洋大姫路出身)だった。甲斐野は1年目からセットアッパーとして65試合に登板し、26ホールドをマークするなどいきなりの活躍を見せ、オフにはプレミア12の日本代表にも選ばれた。

しかし2年目に右肘の故障を発症し1軍登板が0に終わってしまう。そこから回復し3年目は22試合、昨シーズンは27試合の登板と徐々に1年目の輝きを取り戻すと、今シーズンはここまで45試合に登板し防御率2.59と結果を残している。

ドラフト2位以下も投手の指名が多かった。2位・杉山 一樹投手(駿河総合出身)、4位・板東 湧梧投手(鳴門高出身)、6位・泉 圭輔投手(金沢西出身)、7位・奥村 政稔投手(中津商出身)と甲斐野を含めて支配下指名した7人のうち、実に5人が投手だった。

なかでもコンスタントに結果を残しているのが板東だ。高卒社会人出身の板東は2年目に1軍デビューを果たすと15試合(先発1試合)に登板し2勝2敗2ホールド、防御率2.56と結果を残す。

3年目には中継ぎとして44試合に登板し0勝2敗16ホールド、防御率2.52と僅差のゲームでの登板が一気に増えた。一転して昨シーズンは25試合(7先発)の登板で2完投(1完封)と先発としての結果も残す。今シーズンもここまで30試合に登板したうちの11試合は先発。役割が定まらないなかでも、5勝4敗1ホールド、防御率3.04と結果を残している。

野手はドラフト3位の野村 大樹内野手(早稲田実業出身)と同5位の水谷 瞬外野手(石見智翠館出身)が支配下で指名された。野村は昨シーズン31試合に出場し、打率.229(70打数16安打)と出場機会が増えてきた。そして今シーズンはここまで41試合に出場。プロ初本塁打も記録している。水谷はここまで1軍出場がない。

育成ドラフトでは1位指名の渡辺 陸捕手(神村学園出身)が支配下登録を勝ち取り昨シーズンは20試合に出場。主に大関 友久投手(土浦湖北出身)とバッテリーを組み3本塁打を放つパワーを見せた。しかし今シーズンはここまで1軍で出場がない。

<2018年ドラフト>

1位:甲斐野 央東洋大姫路ー東洋大)
2位:杉山 一樹(駿河総合ー三菱重工広島)
3位:野村 大樹早稲田実業
4位:板東 湧梧鳴門ーJR東日本)
5位:水谷 瞬石見智翠館
6位:泉 圭輔(金沢西ー金沢星稜大)
7位:奥村 政稔(中津商ー九州国際大中退ー三菱日立パワーシステムズ)
育1位:渡辺 陸(神村学園)※現在は支配下
育2位:岡本 直也(千葉経大附ー東農大北海道オホーツク)
育3位:重田 倫明(千葉英和ー国士舘大)
育4位:中村 宜聖(西日本短大附

※数字は2023年10月2日終了時点

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード