News

CSファイナル進出を支えた千葉ロッテ「2018年組」、順調な成長曲線

2023.10.18


毎年行われるドラフト会議で指名した全員が、1軍で華々しい活躍をすることはない。複数人の主力が出てくることもそう多くはない。レギュラーや先発ローテーション投手、勝ちパターンといった主力が、同一のドラフト会議から生まれたら、それは”大当たりドラフト”と言っても過言ではない。

近年、各球団に大当たりドラフトはあったのだろうか。高校生と大学生社会人の分離ドラフトが終わった2008年以降のドラフトで振り返ってみたい。

今季、リーグ最終戦で勝利を収めて2位に滑り込み、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでもソフトバンクとの3戦目にサヨナラ勝ちし、ファイナルステージに進んだロッテは、2018年のドラフト組から主戦力が多く誕生している。

運命のリーグ最終戦とCS3戦目の先発を任された小島 和哉投手(浦和学院出身)も、そのひとりだ。ドラフト3位で指名を受けた小島は、ルーキーイヤーこそ3勝にとどまるも、2年目に先発ローテーション入りを果たし7勝を挙げた

3年目には規定投球回に到達し、自身初となる2ケタ勝利(10勝)を達成。昨シーズンは3勝11敗と大きく負け越したが、今シーズンは3年連続の規定投球回到達に加えて、自身2度目の10勝をマークした。5年でチームに欠かせない柱となっている。

ドラフト4位の山口 航輝外野手(明桜出身)も中心選手となった。3年目に1軍デビューを果たすと、78試合で9本塁打。昨シーズンも16本塁打をマークした。今シーズンは故障により一時登録を抹消された期間もあったが、初めて規定打席に到達し14本塁打を放った。和製大砲の道を着々と歩んでいる。

ドラフト1位の藤原 恭大外野手(大阪桐蔭出身)は、1年目から1軍での出番を勝ち取るも、ここまでは大きな結果を残すことができなかった。しかし今シーズンはキャリアハイとなる103試合に出場し361打席に立った。外野のレギュラーを争う立場に、しっかりと育っている。

ドラフト2位の東妻 勇輔投手(智辯和歌山出身)は、中継ぎとしてその地位を固めつつある。1年目から1軍で24試合に登板し、波がありながらも今シーズンは36試合に登板。防御率2.91と安定し、ホールドは11を数えキャリアハイをマークした。確固たる勝ちパターン入りが来シーズン以降の目標となる。

ドラフト5位の中村 稔弥投手(清峰出身)は先発、中継ぎの両役割で起用されてきたが、今シーズンは中継ぎに専念。複数イニングを投げることもできる左腕として17試合の登板で防御率2.31と結果を出した。

ドラフトから5年で、先発ローテーション左腕と高卒の大砲候補が育ち、ドラフト1位の藤原も発展途上中。これから先も楽しみなドラフトの結果となっている。

<2018年ドラフトにおけるロッテの指名選手一覧>

1位:藤原 恭大大阪桐蔭
2位:東妻 勇輔智辯和歌山ー日本体育大)
3位:小島 和哉浦和学院ー早稲田大)
4位:山口 航輝明桜
5位:中村 稔弥清峰ー亜細亜大)
6位:古谷 拓郎習志野
7位:松田 進(國學院久我山ー中央大ーHonda)
8位:土居 豪人松山聖陵

育1位:鎌田 光津希横芝敬愛ー敬愛大ー四国IL徳島)

記事=勝田 聡

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>