News

ソフトバンク近藤が最後の打席で本塁打トップに並ぶ26号、移籍1年目で大きな貢献

2023.10.10


<オリックス4-1ソフトバンク>◇9日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク・近藤 健介外野手(横浜高)が今季最終戦で意地の1発を放って、本塁打王争いトップに並んで見せた。0対4で迎えた9回1死走者なし。敗色濃厚のムードのなか、狙いすましたように直球をフルスイングした打球が、左翼席スタンドに吸い込まれた。今季26号のソロ。本塁打争いでトップに1本差だったが、今季最終戦の最後の打席で追いついた。

10日のロッテー楽天戦で、同じく26本で並んでいるロッテ・ポランコ外野手、楽天・浅村 栄斗内野手(大阪桐蔭出身)に本塁打が出なければ、近藤も本塁打王となる。

日本ハムからFAでソフトバンクに移籍した今季は、全143試合に出場し26本塁打を放っただけでなく、リーグトップの87打点をマークし、打点王はほぼ当確状態。本塁打王も合わせて「2冠」の可能性も出てきた。打率.303もリーグ2位と、三冠王も狙えるほどの成績を残した。

思い起こせば今年は春からワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一に貢献すると、シーズンでは新天地でのソフトバンクでも打線の中心として柳田 悠岐外野手(広島商出身)とともに大暴れした。チームとしては優勝を逃したが、近藤個人としては大満足できるものだっただろう。

クライマックスシリーズ(CS)でも大暴れすることは間違いない。この日のように、最後の最後まで、チームのために、自分の成績のためにもあきらめずにバットを振り続け、チームに栄冠をもたらすはずだ。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?