News

優勝の阪神では18年「ハズレハズレ1位」が大車輪の活躍

2023.09.23


9月1日に高校生及び大学生のプロ志望届の公示が始まった。ドラフト会議へ向けてこれから報道が加熱していくことだろう。

さて野球界では、「ドラフトの成否は5年、10年経たないと分からない」とよく言われる。今シーズンが5年目のシーズンとなる2018年ドラフト指名選手たちは、どのような状況なのだろうか。球団別で振り返ってみたい。

阪神は18年ぶりのリーグ制覇を果たした。その阪神の5年前のドラフトは1位指名が、不動のリードオフマンである近本 光司外野手(出身)だった。この年のドラフト会議で阪神は藤原 恭大外野手(大阪桐蔭出身=現・ロッテ)、辰己 涼介外野手(出身=現・楽天)と2度抽選を外しており、近本は「ハズレハズレ1位」だった。

そんな近本だが、社会人出身ということもありルーキーイヤーからセンターのレギュラーを獲得。5年連続で130安打、20盗塁以上を記録中。また、入団1年目から盗塁王を3度、3年目には最多安打も獲得し、3年目、4年目と2年連続でゴールデングラブ賞とベストナインも受賞している。今シーズンも離脱はあったものの、チームを牽引し優勝に大きく貢献した。ここまでは藤原は高卒、辰己は大卒ということを差し引いても2人の成績を大きく凌駕していることは間違いない。

ドラフト2位の小幡 竜平内野手(延岡学園出身)と同3位の木浪 聖也内野手(青森山田出身)は熾烈なポジション争いを繰り広げている。今シーズンの開幕スタメン遊撃手は小幡だったが、6試合目に木浪が奪還。その後、「8番・遊撃手」が木浪の定位置となり恐怖の8番として優勝に大きく貢献した。一方の小幡もレギュラーをつかむことはできなかったが、1度も登録を抹消されることなくここまで1軍に帯同。42試合の出場で打率.299(67打数20安打)と好成績を残している。来シーズンは木浪からポジションを奪うことが目標となる。

ドラフト4位・齋藤 友貴哉投手(山形中央出身)、5位・川原 陸投手(創成館出身)、6位・湯浅 京己投手(聖光学院出身)はいずれも投手だった。なかでも6位の湯浅は4年目の昨シーズンに大ブレーク。セットアッパーとして59試合に登板し45ホールドポイントを挙げ最優秀中継ぎ投手に輝いた。今年は侍ジャパンの一員としてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも参戦したが、シーズンでは15試合の登板で防御率4.40と苦しんでいる。1軍での登板は6月15日が最後。ポストシーズン以降での1軍昇格を目指す。

育成指名の片山 雄哉捕手(刈谷工出身)は支配下登録を勝ち取り、昨シーズンに1軍初出場を果たした。しかし今シーズンは、ここまで1度も1軍昇格がない。

<2018年ドラフト>

1位:近本 光司ー関西学院大ー大阪ガス)
2位:小幡 竜平延岡学園
3位:木浪 聖也青森山田ー亜細亜大ーホンダ)
4位:斎藤 友貴哉山形中央ー桐蔭横浜大ーホンダ)※現在は日本ハム
5位:川原 陸創成館)※現在は育成契約
6位:湯浅 京己聖光学院ー富山GRNサンダーバーズ)
育1位:片山 雄哉(刈谷工ー至学館短大ー福井ミラクルエレファンツ)※現在は支配下

※2023年9月22日終了時点

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>