試合レポート

【神奈川】4回戦 桐蔭学園 vs 横浜商

2023.09.18


SCORE
桐蔭学園
横浜商
1234567891011121314
0 0 1 0 0 0 0 0 2
0 0 0 2 0 0 0 0 2X
TOTAL
3
4

公立校唯一のベスト8入りを決めた横浜商、強豪私学を破る投手力、堅い守備、好投手に振りまけない打撃に注目

<神奈川県高校野球秋季県大会:横浜商4-3桐蔭学園>◇17日◇4回戦◇サーティーフォー保土ヶ谷

横浜商vs桐蔭学園の一戦は、9回までもつれる展開になった。

3回、桐蔭学園がチャンスを作り、バッテリーミスで1点を先制。しかし4回、横浜商桐蔭学園の好投手・熊ノ郷 翔斗投手(2年)から7番・小菅 琉樹外野手(2年)の2点適時二塁打で逆転に成功する。小菅はバスターでしっかりとスイング軌道を改め、138キロの直球を捉えることができていた。

横浜商の先発・平野 友也投手(2年)が8回まで1失点と好投した。最速131キロの直球を両サイドに投げ分けながら、投球の中心は115キロ前後の縦スライダーだった。リードする門脇 嵩世捕手(2年)は「平野の縦スライダーはしっかりと決まれば打たれない自信がありました」と語るように、低めに決まるスライダーに桐蔭学園の打者は、ほとんどが腰砕けだった。

その後、2対1と横浜商リードのまま9回を迎える。

9回表、桐蔭学園の反撃に合い、久我 孝太捕手(1年)の犠飛で追いつくと、6番・寺澤 太智内野手(2年)の右翼線を破る適時打で勝ち越しされた。平野は「先頭打者に四球を出してしまいました。そこが反省点です」と悔やむ。そして門脇は「抑えたい、勝ちたい思いが強すぎて、このコースに投げてほしいというジェスチャーが足らなかったと思います」と反省する。

だが、9回裏にドラマが起こった。2番・嶋田 青太内野手(2年)のサヨナラ逆転2ランが飛び出し、ベスト8進出を決めた。

サヨナラ本塁打を打った嶋田は「風とそして声援が打球を後押ししてくれたと思います。自分は本塁打を打てる打者ではないですし、打った自分が一番驚いています」と結果には驚きつつも、強くスイングする自信はあった。

「これまでバットを振り続けてきて、練習量は負けない自信がありました」

そう、意気込む嶋田に、横浜商の菅沼監督はバントさせることもなく、嶋田のポテンシャルの高さを信じて、打たせた。それが最高の結果につながった。

桐蔭学園の投手はいずれも130キロ中盤を計測し、直球の精度も高い。簡単に打ち崩せる投手ではないが、そういった投手たちに怯むことなく、自分の打撃ができるなど、土壇場でひっくり返す横浜商の底力は侮れない。

出身中学をみると、捕手の門脇は横浜市立西谷中、サヨナラ本塁打を放った嶋田は横浜市立岡村中、好投の平野は横須賀市立長澤中と、地元の公立中出身で構成されたメンバーなのが分かる。

さらに横浜商はセンターラインを中心に守備力の高い選手が多い。公立校唯一のベスト8を決めた横浜商の次の相手は、夏の準決勝で対戦した横浜。前回は何もできずコールド負けに終わった。「投手総動員でいく」と菅沼監督が語るように、全力でぶつかり、勝利を目指す。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.30

【センバツ4強戦力分析】昨夏の甲子園初戦敗退で「守備の星稜」へモデルチェンジ! 悲願の甲子園優勝へのカギは3,4番の復活!

2024.03.30

【長崎】創成館、長崎総合科学大附などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【大分】大分商、柳ヶ浦、藤蔭、佐伯鶴城などが8強入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【徳島】徳島商が鳴門を破って8強入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【高知】明徳義塾と高知商が30日の決勝へ<春季大会の結果>

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.24

【春季東京大会一次予選】イチローが指導した都立新宿が都大会へ進出!レジェンドの言葉「やるのは自分たちだよ」を胸に刻んで

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】