News

【U-18】「スモールベースボール」ながら、日本の打率、長打数は上位4ヵ国でトップ!

2023.09.11


U-18W杯で初の世界一になった日本代表は、馬淵監督が掲げるスモールベースボールが結実したといえるが、チーム成績を見ると、打撃面でもトップクラスだったことが分かる。

日本は今大会、打率.303、1本塁打、9二塁打、6三塁打、44打点と、打撃の指標もかなり良く、長打数は上位4か国ではトップだった。

準優勝の台湾は打率.263、4本塁打、8二塁打、0三塁打、40打点。3位の韓国は打率.265、14二塁打、2三塁打、0本塁打、33打点。4位に終わったアメリカは打率.211、8二塁打、4三塁打、0本塁打、20打点だった。

やはり打てないと勝てない。日本は守れて、走れて、打てる選手を選んで大会に臨んでいた。甲子園大会後にチームを編成するため結果を残すのは難しいが、脚力があって、コンタクト力のある選手を揃えた戦略が大きく実ったといえる。守備力が高く、小技も仕掛けられる選手は短期決戦では強い。

しっかりと打撃面でも実力を出した結果、世界一が取れたことは見逃してはならない。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?