試合レポート

【関西六大学】大阪経済大 vs 龍谷大

2023.09.10


先発して好投した津田淳也(大阪経済大)

大阪経済大が龍谷大に競り勝つ!ドラフト候補右腕の津田が9回自責点0の好投

<関西六大学秋季リーグ:大阪経済大3-2龍谷大(延長10回)>◇9日◇第2節・1回戦◇ほっともっとフィールド神戸

春2位の大阪経済大が延長の末に龍谷大を下した。

大阪経済大の先発は今秋のドラフト候補に挙げられている最速152キロ右腕の津田 淳哉投手(4年=高田商)。力のある直球で押していくタイプだが、「完全に真っすぐしか狙っていなかったので」とスライダーやフォークなどを上手く使って龍谷大打線に的を絞らせない。

5回に味方の失策絡みで2点を失うも自責点は0。この日の最速は球場のスピードガンで144キロと津田にしては速くはない。それでも「バッターの反応的にスピード表示以上に詰まっているというのを感じていた」と秋に向けてリリースを改善した成果が出た。「今年の春とは内容が全く違う。真っすぐの質と角度が違う」と高代延博監督も津田の成長を高く評価している。

春までは後半に打ち込まれる場面もあったが、「いきなり飛ばしてしまうとガス欠して後ろのピッチャーに頼ってしまうので、完投して明日にピッチャーを温存できるようにしっかり9回考えて投げていました」とゲーム全体を考えた投球を心がけ、終盤まで球威は衰えない。同点で迎えた9回には2死三塁からスライダーで三振を奪い、114球5安打4四死球5奪三振の内容で9回を投げ切った。

試合は10回表に2死三塁から2番・芝原 康平内野手(4年=金光大阪)が遊撃に適時内野安打を放って勝ち越しに成功。その裏を2番手の谷口 天誠投手(1年=福知山成美)が3者凡退に抑え、大阪経済大が競り勝った。

「よく勝てた。龍谷大の強力打線をよく抑えたと思います」と安堵した高代監督。プロ志望届提出予定のエースが好投して大事な初戦をものにした。今春は最終節で大阪商業大との直接対決に敗れて惜しくも優勝を逃した大阪経済大。悲願の優勝に向けて好スタートを切っている。

取材=馬場 遼

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>