News

ドラ1は決定的か? 大阪桐蔭・前田がU-18期間で快投の連続

2023.09.04


高校生No.1左腕と評される大阪桐蔭の前田 悠伍投手(3年)は、夏の大阪大会では不調に終わり、悔しい投球になってしまった。今秋のドラフト1位候補ではあるが、スカウトにとってはドラ1にできる決め手のある試合が欲しいところだったが、前田は今回のU-18日代表で見事に結果を残している。

練習試合の早稲田大戦では最速145キロをマークし、タイブレークのイニングを除けば1回を無失点。変化球の精度も抜群だった。東京ドームで行われた大学日本代表との壮行試合では、2回を3奪三振。ドラフト候補に挙がる野手たちから三振を奪い、東京ドームに集結したスカウトへ猛アピールした。

そして、U-18W杯(台湾)のオープニングラウンド3戦目、3日のアメリカ戦では先発5.2回を投げて、8奪三振、無四球、無失点という「満点」の投球を演じた。そのインパクトはかなり大きく、ドラフト1位候補に入ったといってもいい。

この大会に入ってからの最速は145キロ。今年はドラフト候補に挙がる大学生左腕が多く、それと比べるとスピードはどうしても遅いが、制球の安定感、1球1球の出し入れ、高低の使い方、緩急の使い方、マウンド度胸は前田が上回っている。

大学生左腕のほうが出力が高いので、見栄えは大学生がよく感じてしまうものの、4年経った時、どちらがプロで勝ち星が多いか、内容のある成績を残しているかといえば、前田だといえるほど、スキルの高さが群を抜いている。

スーパーラウンド進出に大きく前進した日本。前田の登板はスーパーラウンド後になるが、さらなる快投を期待したい。

【U−18期間中の前田の最速・平均球速】

・早稲田大戦
最速145キロ
平均球速140.7キロ

・大学日本代表戦
最速145キロ
平均球速142.3キロ

・アメリカ戦
最速144キロ
平均球速139.95キロ
(※アメリカ戦では最速151キロが1球あったが、それまでの直球の球速と乖離があったため、誤作動と判断)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?