試合レポート

【U-18】スーパーラウンド 日本 vs 台湾

2023.09.10


日本以上のスモールベースボールを見せた台湾、完敗した日本は負けを糧にできるか

<U-18W杯:台湾5-2日本>◇9日◇スーパーラウンド◇台湾

今年、U-18日本が選択した野球は「スモールベースボール」。そのスモールベースボールの完成形を台湾が示した。

台湾は19年の世界一から3大会連続で決勝進出を決めている。その野球は馬淵監督が掲げるスモールベースボールに近い。どの選手もシャープなスイングができて、俊足の選手がかき回す。機動力重視に見えるが、ひ弱さもなく、選球眼も高く、守備力も高い。

アメリカなどの選手たちに体格で劣る日本にとって、同程度の体格でグラウンドで躍動する台湾の野球はまさにモデルだった。今大会の日本の野球を見ればその野球に近づいている。荒削りで、5位に終わった2019年と比べれば、洗練されている。

しかし台湾はその上を行っていた。1点を先制された台湾は1番・チウ・シンが二盗、三盗と足でプレッシャーをかける。常にストライク先行で心理的に優位な状況で投げることができた日本の投手陣もボール先行になり、さらにバッテリーミスも多くなる。まさに自滅だった。日本はこういう野球をやりたかったが、逆にそれを実践された。

3回までに1対5。試合は決した。

素直に台湾は格上。これは認めざるを得ない。台湾の本来の実力を引き出さない試合運びができれば世界一の道はある。日本代表は今回の敗戦を糧にできるか。

 

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード