試合レポート

【U-18】練習試合 高校日本代表 vs 早稲田大

2023.08.25


高校日本代表が接戦で勝利!大阪桐蔭・前田、3ラン浴びるも復調を感じさせる投球

<練習試合:高校日本代表2ー1早稲田大(7回制)>◇25日◇都内グラウンド

8月31日から台湾(台北・台中)で開催される「第 31 回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ」へ出場する「侍ジャパン」高校日本代表が早稲田大と練習試合を行い、本大会に合わせて7回制で行われた。

1回、寺地 隆成内野手(明徳義塾)が安打で出塁。その後、1死二、三塁のチャンスを作り、4番・森田 大翔内野手(履正社)の犠飛で1点を先制した。高校日本代表の投手陣も力投を見せ、5回まで無失点に抑えていたが、6回、早稲田大の4番・吉田 瑞樹捕手(1年=浦和学院)に同点本塁打を許した。

それでも、高校日本代表は7回にチャンスを作り、併殺崩れの間に1点を勝ち越した。その裏、この代表でエース番号「18」をつける前田 悠伍投手(大阪桐蔭)が登板。この日は常時137キロ〜141キロ(最速145キロ)の直球に、120キロ前半のチェンジアップ、スライダーを投げ込み、チェンジアップで三振を奪うなど、大阪大会決勝戦よりも復調した姿を見せ、7回制の試合では2対1で勝利した。

1イニング限定のタイブレークも行った。8回表には1死一、三塁のチャンスを作り、緒方 漣内野手(横浜)の犠飛で1点を奪ったが、その裏、前田が「内角へ厳しいところを攻めにいったのですが、甘く入ってしまいました」と早稲田大の4番・吉田に逆転3ランを打たれた。

前田は「反省点が残りました。でも本番前で良かったです。勝負どころでも、押すだけではなく、しっかりと変化球を交えて勝負すべきと感じました」と打たれながらも、次回へ向けて切り替えていた。

この日は二遊間の守備が安定していた。馬淵監督は「そのために選んだのですから」と期待通りの動きを見せた守備陣を評価した。その他、攻撃で小技をうまく絡めていたことや、馬淵監督が期待する1、2番コンビが機能したことも収穫だった。あとは当たりがなかったクリーンアップについては「これから」と期待を寄せていた。

この日も甲子園決勝を戦った仙台育英(宮城)、慶應義塾(神奈川)組は欠場。その代わり、150キロ右腕の木村 優人投手(霞ヶ浦)が8番・右翼でスタメン。第1打席で安打を放つなど、高校通算17本塁打の実力を発揮した。馬淵監督も「足は速いですし、打撃も良いので可能性はあります」と本戦での外野手起用を示唆していた。

準備期間は少ないが、多くの選手を起用し、勝てるためのオーダーや起用法を構築する馬淵ジャパンの今後の戦いに注目だ。

 

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

1 Comment

  1. 頑張れ!

    2023-08-26 at 9:36 AM

    日本代表!

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?