試合レポート

【大学準硬式】準決勝 大阪経済大 vs 慶應義塾大

2023.08.28


【準硬式】野球は高校で引退すると思っていた…強豪・大阪経済大の主将が成長を見せる一打で決勝進出に貢献

<第75回全日本大学準硬式野球選手権記念大会:大阪経済大2ー1慶應義塾大>◇27日◇準決勝◇くら寿司スタジアム堺

近年、全国大会の常連となりつつある大阪経済大が決勝進出を決めた。21年大会で優勝すると、22年は準優勝と結果を残し続け、今大会もベスト4進出。準決勝では149キロ右腕・日比谷 元樹投手(4年=慶應義塾)を擁して61年ぶりの4強入りとなった慶應義塾大を、2対1の熱戦の末に下した。

5回が終わって0対1と、ビハインドの展開で前半を折り返した。重い1点かと思われたが、グラウンド整備明けの6回にチャンスを作った。9番・高橋 寛多外野手(4年=徳島商)の安打などでチャンスを作ると、1死一、二塁から、主将の3番・高山 直之内野手(4年=日本航空石川)が打席に入る。

「追い込まれてしまったので、反応で打ちました」と低めの直球を捉えて中前へはじき返した。普段から培った走塁の成果もあり、二塁走者が生還。同点に追いついて勢いに乗ると、5番・外間 隆之介外野手(4年=三田松聖)の適時打で逆転。これが決勝点となり、大阪経済大が3大会連続で決勝進出を決めた。

「今年は力のない世代でした」と中野監督が振り返るように、今大会は大阪第4代表で大会に臨んでいる。近年結果を残しているとはいえ、今大会はチャレンジャー精神で決勝まで上り詰めた。

例年と比較して打力がないものの、走力を生かす戦いで勝ち上がってきた。春からチーム事情で主将になった高山も、ここまで苦労を重ねてきた。

小、中学では主将を経験。日本航空石川でもレギュラーとして活躍した。ただ、当時は星稜奥川 恭伸投手(現ヤクルト)などのライバルの前に甲子園は届かずに、高校野球を引退。自身の実力や勉強との両立を考えて、野球にも区切りを付ける予定だった。

しかし、「準硬式はどうだ」と監督からの説得をうけて、大阪経済大の準硬式に進んだ。あまり世界観は理解していなかったが「イメージと違って、非常に野球熱が高くて、熱い世界だったので、衝撃でした」と当時を振り返る。

周りの熱量に感化された高山は、「一生懸命、本気でやろう」と再び自身を奮い立たせ、主力の座を勝ち取り、主将にまで抜擢された。1つ上のチームと比較すると、「打力は低く、ビハインドをひっくり返すだけの実力はありませんでした」と厳しいスタートだった。しかし、厳しい練習の中で心身ともに鍛え上げ、「徐々に精神力は強くなり、劣勢をひっくり返せる実力を付けられた」と接戦に強いチームに育った。

準決勝でも、ビハインドの展開になってもチームは焦らず、慶應義塾大に食らいついた。そして一打同点の場面で打順が回ってきた高山主将は、「打ってやる」と自信をもって打席に入って、チームに勢いを与えた。

「最後はメンタルだと思います。石川から大阪にやってきているので、私生活でも鍛えられたと思います」と冗談交じりの笑みを浮かべたが、決勝戦の日本大戦に向けての話になると、表情を引き締め「去年は何もできずに負けたので、どこよりも日本一への思いは強いです」と決意を口にしていた。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?