試合レポート

専大松戸vs幕張総合

2023.07.19


専大松戸打線が151キロ右腕を足で攻略。世代屈指右腕も12奪三振の快投で完投勝利

<第105回全国高校野球選手権千葉大会:専大松戸6-2幕張総合>◇19日◇5回戦◇ZOZOマリンスタジアム

幕張総合早坂 響投手(3年)、専大松戸平野 大地投手(3年)と世代屈指の右腕同士が先発マウンドで投げ合う試合となった。

経験値豊富な専大松戸がしたたかな攻めを見せ、早坂の攻略に成功した。1回に4番・吉田 慶剛捕手(3年)が直球に振り遅れながらも右翼線を破る2点適時二塁打を放って2点を先制した。2回に、幕張総合に内野ゴロの間に1点を返されたが、3回には、犠飛で1点を追加し、さらに4回には相手の敵失などもあり、3点を追加した。

クリーンヒットはあまりなかったが、足を使って少ない安打数で得点をもぎ取る専大松戸の攻撃は実にしたたかだった。

エースの平野はセンバツ後から投球フォームの修正に取り組み、最速150キロをマークするなど、明らかに球質に変化が見られた。高めの直球で空振りを奪うことができ、9イニングを投げても、平均球速は145.2キロと、高校生でもトップレベルの数字をマークした。スライダー、フォーク、カーブ、カットボールなど変化球も器用に投げ分け、どこか交わしている投球の感じがあった昨秋、センバツと比べると、しっかりと直球で勝負できるようになっていた。正捕手の吉田も「春に比べて2段階ぐらい伸びています」と成長を実感していた。ミート力が高い打者が多い幕張総合打線相手にも、12奪三振2失点(自責1)の完投勝利を収めた。

酷暑の中、平野に進化が見られ、早坂のスキをついて走塁を絡めて得点をもぎ取った攻撃陣の攻めも見事だった。好投手を攻略した自信を武器に、春夏連続甲子園へ突き進む。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>