News

広陵の世代屈指のスラッガーは3度目の甲子園で活躍なるか

2023.07.29


広陵・真鍋慧

29日に行われた第105回全国高校野球選手権広島大会決勝で、広陵広島商を破り、5年ぶりの24回目の甲子園出場を決めた。

世代屈指のスラッガー・真鍋 慧内野手(3年)とっては、自身3度目の甲子園出場となる。今センバツから公式戦ではなかなか一発が出ない苦しい日々が続いたが、今夏準決勝で本塁打を放ち、高校通算本塁打を62本とした。

夏の甲子園では着実に結果を残すことができるか注目だ。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

1 Comment

  1. 吉永綾子え

    2023-08-11 at 1:02 PM

    まず初戦トップおめでとうございます。最初ハラハラドキドキでしたけどさすが
    諦めない粘りを見せていただきました。を
    私の故郷兄の母校だしてると
    まだまだ暑い日が続き大変ですが、最後まできをぬかず頑張ってくださいね
    東京から応援しとるけえね!

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.15

【広島】広陵は祇園北と、広島新庄は崇徳と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.15

【埼玉】狭山ヶ丘がサヨナラ、川口市立が逆転で県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>