News

センバツベスト8の東海大菅生が5回戦敗退 世代屈指の大型右腕登板もタイブレークで勝ち越し許す

2023.07.20


<第105回全国高校野球選手権西東京大会:駒大高6ー4東海大菅生(延長10回タイブレーク)>◇20日◇5回戦◇府中市民

センバツに続いて甲子園を目指した東海大菅生が、延長10回タイブレークの末に4対6で敗れ、ベスト16で夏を終えた。

初回から4点を失う苦しい展開となったが、5回までに追いつく。後半からは一歩も譲らない展開になり、9回で決着がつかずに延長戦に突入する。

この試合4番手で登板していたエース・日當 直喜投手(3年)が10回に2点を失い、勝負あり。10回裏の攻撃は無得点に終わり、駒大高の前に敗れた。

注目右腕・日當を中心に昨年秋の東京都大会を制し、センバツベスト8入りを果たした東海大菅生だったが、夏はベスト16で姿を消した。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>