Column

シートノックから見えた今年の大阪桐蔭の進化。昨秋から大きく成長したスキルは?

2023.03.09

シートノックから見えた今年の大阪桐蔭の進化。昨秋から大きく成長したスキルは? | 高校野球ドットコム
大阪桐蔭のシートノックの模様

 18日開幕予定の今年のセンバツで優勝候補として期待される大阪桐蔭(大阪)の注目ポイントは数多くある。その中で注目したいのが、そのチームの守備力を表すと言っていいシートノックだ。

 8日、関西学院(兵庫)との練習試合前のシートノックでは昨秋よりも進化した姿を見せた。今年の守備は堅実で、特に送球が正確だった。高校生の中では強肩に入ると思うが、ずば抜けているかというとそうでもない。昨年のチームで言えば、海老根 優大外野手(SUBARU)のような圧倒的なスローイングではないが、内野手、外野手ともに低く鋭い送球ができている。ノーバウンドではなく、ワンバウンドを狙って低い送球ができていた。内野手も、センターラインの捕手、二遊間だけではなく、三塁手、一塁手も正確な送球ができている姿を見た時、チームとして徹底できていることに感心させられた。

 実際の試合に入っても大きく乱れることなく、ポジショニングもしっかりとしていて、球際も強かった。

 二塁手の村本 勇海内野手(3年)は、この冬はキャッチボールを大事にしてきたと語る。
 「秋にチームとして守備に課題が出て、送球の正確性を求めていった時、何を大事にしたのかというとキャッチボールです。このキャッチボールにはしっかりと時間をかけました」

 境 亮陽外野手(2年)も、この冬、正確な送球をテーマに守備練習に取り組んできた。
 「冬場にしっかりとやってきて、自分の中でもしっかりとできていると思います」

 守備から崩れることはなかった。走者を背負う場面は多かったが、それでも1点に留めることができたのも堅い守備があったからだろう。この試合、2番手としてマウンドに登った平嶋 桂知投手(2年)は「守備に助けられました」と安堵の表情を浮かべるほどで、期待されている2年生投手陣を助けていた。

 村本は今年のチームでは守備ができないと勝てないと踏んでいる。
 「今年は打てるチームでもなく、点を取れるチームでもないので、しっかりと守備で点を防いで勝つことが大事だと思っているので、守備練習を大事にしていきました」

 村本が語るように、今年の野手陣は優秀な選手は多いが、高卒プロで行けるような「凄み」を見せる選手はまだいない。自分たちは何ができるか。それを理解しているクレバーな選手が多いのが今年の強みだ。

 自分たちの課題を理解し、守備面で大きく成長を見せている大阪桐蔭ナインを見て、センバツで躍動する姿がますます楽しみになった。

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.18

【岩手】一関二、盛岡誠桜などが初戦を突破<春季大会>

2024.05.18

【関東】昌平・山根が2発5打点、東海大相模・4番金本が2ランなどで初戦を快勝、東海大菅生は山梨学院を完封<春季地区大会>

2024.05.18

【長崎】長崎西、島原中央などが初戦を突破<NHK杯地区予選>

2024.05.18

【春季関東大会】白鴎大足利・昆野が最速152キロを計測!前橋商の剛腕・清水はまさかの5失点…。チームもコールド負け!

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.12

学法石川の好捕手・大栄利哉が交流戦で復帰! 実力は攻守ともに世代トップクラス!身長200センチ右腕を攻略し、完封勝利!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?