Interview

世代屈指の大型二塁手が主将に就任。立教大・山田健太の決意

2022.03.31

 立教大・大阪桐蔭山田 健太内野手(4年=大阪桐蔭)は、今年の大学生を代表する1人だ。今春季リーグでは、主将としてチームを牽引し、5月8日までに68安打をマークしている。相手投手陣から激しくマークをされる中でも、しっかりと結果を残し続けている。今年は主将としてチームを率いる。どんな心境の変化があったのだろうか。

主将就任で自覚

世代屈指の大型二塁手が主将に就任。立教大・山田健太の決意 | 高校野球ドットコム
山田健太

 昨秋、リーグ戦が終わり、新チームがスタート。山田は中学時代以来の主将に就任した。

「中学の時はキャプテンを経験しましたけど、今までそんなに経験をしたことがないというか、初めて100人を超える大所帯の中でキャプテンをやらせてもらっています。難しい部分は多々ありますけど、自分ができることを100%やろうと思って毎日元気を出して、先頭に立ってやっていこうと意識しながら、やっています」

 主将には声や話し合いをしながら引っ張るタイプがいるが、山田はそんなタイプではない。プレーや立ち居振る舞いで引っ張るタイプだと思っているが、変わらないといけないと思い、ナインに積極的に声をかけている。

「自分は発言で人を動かすタイプではないので、プレーで、背中で引っ張っていくのは、今でもそんなに変わってはいません。
 でも、発言しないといけないところは発言しないといけないです。自分が辛くやっていたら、チームも変わっていかないと思います。そういった部分は今までとちょっと変わったかなと思います」

 立教大のような大所帯になる野球部になると、必然的に周りのサポートも必要になる。やはり幹部や学生スタッフたちのサポートは大きいようだ。

「副キャプテンは黒岩 陽介(4年=静岡)と佐藤 元(4年=福岡大大濠)ですけど、2人ともキャプテンを経験していて、自分の気持ちも分かってくれている。2人に助けてもらいながら、学生コーチだったりマネジャーであったり、みんなでチームを作ってこれているので、順調にきていると思います」

 大阪桐蔭時代に甲子園で優勝したメンバーは各地で活躍している。当時の主将だった中川 卓也内野手は早稲田大で主将になり、根尾 昂外野手(中日)らNPBでプレーする選手らに負けず、活躍したいという思いは強い。

「同期4人がプロに行ってますけど、シーズン中の結果は気になりますし、活躍してたら自分ももっと頑張らないといけないなと、いい刺激をもらいます。いい存在だなと思います」

 シーズン前はこう意気込んでいた。

「今年はキャプテンとしてやっていく。チームの勝利や優勝したいという気持ちが強いので、最終的に優勝して日本一になりたいです。
 個人としては、これまで首位打者やホームラン王や3冠王をここ数年目標に掲げてきましたが、いい結果があまり出ていない。自分ができることを100%やることがベストだと思うので、今自分ができることを最大限やっていきたいです」

 残りの数試合でも優勝のために打ち続けるつもりだ。

(取材:河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?