News

本日からBFAアジア選手権が開幕!作新・今井に並ぶ台湾の大谷、韓国の大型左腕にも注目!

2016.08.30

本日からBFAアジア選手権が開幕!作新・今井に並ぶ台湾の大谷、韓国の大型左腕にも注目! | 高校野球ドットコム

今井達也(作新学院)

【U-18】BFAアジア選手権のメンバーが発表!今井達也、藤平尚真など18名が選出!

 本日から『第11回 BFA U-18アジア選手権』。この大会はグループ別で一次リーグを行い、順位によってスーパーラウンドか、順位決定戦に入る方式となっている。日本代表は香港、インドネシア、台湾と同グループで一次リーグの日程を整理したい。

30日 香港 台中インターコンチネンタル球場 12:00(日本時間13:00)
31日 台湾 台中インターコンチネンタル球場 18:30(日本時間19:30)
9月1日 インドネシア 台中インターコンチネンタル球場 12:00(日本時間13:00)

 さて各国の逸材を紹介していきたい。まず地元・台湾。台湾ではエースで4番を打つ陳琥が注目されている。最速149キロ。打っても全国大会で3本塁打。台湾の大谷といわれているが、躍動感あるフォーム、パワフルなスイングを見せる左打ちは、まさにそのフレーズに相応しいスケールを持った逸材だ。そしてライバル・韓国は、すでにNC1次指名を受けているキム・テヒョンに注目だ。190センチを超える長身から角度ある速球とキレのある変化球を投げ込む姿はキム・グアンヒョン(SK)を彷彿とさせる逸材。もし彼が投げることとなれば、かなり脅威かもしれない。

 別グループだが、中国代表では、中国のMLBアカデミーでプレーしている趙倫に注目。まだ14歳ながら、常時130キロ・最速136キロ、さらに身長も180センチ超えと将来、高いレベルでプレーしている可能性も高く、今後、日本のライバルになりそうな投手である。また中国には同じMLBアカデミーに所属し、U-15では主軸を打つといわれる強巴仁増も代表入り。合宿をしっかりと行って本戦に臨んでおり、今大会にかける本気度は高い。対戦するとなれば、スーパーラウンド以降となるが、今年も日本以外で注目すべき選手が多くいる。

 日本代表も負けていない。今年は150キロ超えのストレートを投げる投手が今井、藤平、島の3人。他の5人も140キロ超えとレベルの高さはアジア各国に伝わっているであろう。ぜひ投打で大暴れを見せてほしい。

 もう一度、代表メンバ―をチェック!

<投手> 8名
11 寺島 成輝履正社
13 藤嶋 健人東邦
14 堀 瑞輝広島新庄
15 早川 隆久木更津総合
16 藤平 尚真横浜
17 高橋 昂也花咲徳栄
18 今井 達也作新学院
19 島 孝明東海大市原望洋

<捕手> 2名
10 九鬼隆平秀岳館
12 渡邉 雄太いなべ総合

<内野手>6名
1 小池航貴木更津総合
2 伊藤優平八戸学院光星
3 入江大生作新学院
4 佐藤勇基中京大中京
5 松尾大河秀岳館
6 林中勇輝敦賀気比

<外野手>2名
7 納大地智辯学園
8 静岡鈴木将平静岡

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?