Column

予選敗退組の中にも剛腕がゴロリ!甲子園に届かなかったヒーロー特集

2016.07.30

 この夏、甲子園出場に期待がかかった逸材が多くいたものの、甲子園出場を逃した剛腕投手が多くいる。そんな剛腕投手たちの夏を追った。

防御率0.00の島孝明(東海大市原望洋)

予選敗退組の中にも剛腕がゴロリ!甲子園に届かなかったヒーロー特集 | 高校野球ドットコム

島孝明(東海大市原望洋)

 最速153キロ右腕の島 孝明東海大市原望洋)。千葉大会準々決勝で敗退したが、自責点0。実力はいかんなく発揮したといっていいだろう。

 初登場となった4回戦の日大習志野戦(試合レポート)で、最速146キロを計測したストレートとキレ味抜群のスライダーを武器に5回9奪三振の快投。

 5回戦の流通経済大柏戦では1回リリーフで無失点。さらに準々決勝の木更津総合戦(試合レポート)では、7回途中から登板。2.2回を投げて無失点。この試合の島は、147キロ~149キロを連発し、9回表に最速150キロ。さらには135キロ前後のスライダーと高校生レベルを超える投球を披露。

 8.2回を投げて無失点だったが、こういう負け方も異例ともいえる。準々決勝で対戦したのが難攻不落の木更津総合のエース・早川 隆久だったことが大きい。

 ここまで全ての試合をコールド勝ちしていた東海大市原望洋打線を完封してしまうのだから、相手が悪かったとしかいいようだがない。だが、夏で期待通りの投球を見せた島の評価はさらに上がっているはずだ。

⇒次のページ:150キロ計測も、夢かなわなかった梅野雄吾(九産大九産)

[page_break:150キロ計測も、夢かなわなかった梅野雄吾(九産大九産)]

当時の島より平均球速が上な梅野 雄吾(九産大九産)

予選敗退組の中にも剛腕がゴロリ!甲子園に届かなかったヒーロー特集 | 高校野球ドットコム

梅野 雄吾(九産大九産)

 今年の九州は剛腕揃いだった。この夏、島と同じく150キロを計測したのが、梅野雄吾九産大九産)だ。
 昨秋の時点で151キロを投げていた梅野。そしてこの春まで154キロまでスピードアップしたが、大会前に体調を崩し、スロー調整が続いていた。

 しかし、夏には復活。初戦の浮羽究真館戦では8回を投げて9奪三振の快投を見せ、最速は150キロを計測した。
だが3回戦の福岡福島戦で、わずか打者1人だけ投げて、梅野の夏が終わった。本人にとって早すぎる夏の終わりだったかもしれない。
 梅野は身長が175センチとそれほど上背がある投手ではない。高校生右腕で上背がない投手は あまり高く評価はされないのだが、それでもスカウトの評価は高い。ぜひ次のステージへ向けてしっかりと準備をしていきたい。

 他にも、九州地区では、最速146キロ右腕・濱地 真澄福岡大大濠)、山本 由伸都城)、太田 龍れいめい)と評判が高かった剛腕が、それぞれ敗れていった。

 濱地は最速145キロまで計測したものの、福岡第一に打ち込まれ、山本は大会初戦では、最速147キロのストレートと、130キロを超えるフォークを武器に強豪・延岡学園打線を抑えたが、3回戦の宮崎商戦では、最速148キロを計時したものの打ち込まれ最後の夏を終えている。

 れいめいの太田は、2回戦の尚志館戦で、最速149キロを計測するなど、1失点完投勝利。

 計4試合を投げて、25.2回を投げて、6失点と安定したピッチングを見せたが、チームは準々決勝敗退。1人の好投手を擁しても、なかなか勝てないのが高校野球の難しさだ。

⇒次のページ:154キロ左腕・古谷、東海大相模の北村なども剛球をしっかりとアピール!

[page_break:154キロ左腕・古谷、東海大相模の北村なども剛球をしっかりとアピール!]

154キロ左腕・古谷、東海大相模の北村なども剛球をしっかりとアピール!

予選敗退組の中にも剛腕がゴロリ!甲子園に届かなかったヒーロー特集 | 高校野球ドットコム

北村 朋也(東海大相模)

 北海道の154キロ左腕・古谷 優人江陵)も準決勝で敗れ去った。今大会は46回を投げて、60奪三振。旭川西戦で最速154キロを二度計測し、さらに準々決勝では20奪三振を挙げるなど、快投を見せたが、準決勝で力を尽きた。

 今年は剛腕左腕が多いが、150キロを出せるのは彼だけだ。それまで全道大会出場がなかったチームを準決勝まで導いた実力は評価されている。

 また、東北一の速球派右腕・種市 篤暉八戸工大一)は、夏でも最速145キロを計測するなど、力のある投球を見せたが、準々決勝敗退。調子が完全に仕上がる前に敗れてしまったように感じる。不完全燃焼に終わったが、ぜひこの悔しさを次のステージで晴らしていってほしい。

 また最速150キロを計測した小郷 賢人(関西)、140キロ後半の速球とキレ味鋭いスライダー、フォークを投げ込んだ大型右腕・北村 朋也東海大相模)は3年間で最も良い投球を見せ、さらに角度ある140キロ台の直球とカーブ、フォークで躍動した長井良太つくば秀英)も将来に期待を持たせる投球を見せた。

 地方大会で敗れた剛腕たちの夏を振り返ると、しっかりと実力を発揮しているのが分かる。これほどの投手がいても甲子園にいけない。改めて地方大会を勝つ難しさを実感するが、ぜひ次のステージでその恵まれた素質を開花させることを願いたい。

■紹介した4選手の選手名鑑をチェックしよう!!
島 孝明
梅野 雄吾
太田 龍
北村 朋也

(文=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

波乱の春季千葉大会!木更津総合、習志野、市立船橋、成田の強豪が夏ノーシードに回る事態に!

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!