Interview

第96回全国高校野球選手権大会 この球児たちのプレーを見逃すな! 野手編

2014.08.04

 春に比べると、夏は選手たちの打撃もパワーアップする。その中でも群を抜いて、見応えのあるバッティングをする選手というのが存在する。この夏、甲子園で注目を浴びそうな球児たちにスポットを当てた。

岡本 和真、清水 優心など プロ注目のスラッガーたち!


左から岡本 和真(智辯学園)・清水 優心(九州国際大付)

 今大会注目のスラッガーは、岡本 和真(3年・智弁学園)だろう。選抜で2本塁打を放ち、その後も対外試合で順調に本塁打を重ね、ついに高校通算73号を達成した。岡本の魅力は変化球を捌くのが上手いこと。奈良大会決勝戦(試合レポート)でも高めに入る変化球を見逃さず、場外に打ち込んだ本塁打は衝撃的だった。好投手集う甲子園で自慢の豪打を披露することが出来るか。

 またプロ注目の大型捕手・清水 優心(3年・九州国際大付)も攻守で注目が集まる。福岡大会では初戦で本塁打を放ち(試合レポート)、その後も自慢の長打力を発揮している。そして、捕手としても強肩を披露。攻守での大暴れを期待したい。

 また清水の前を打つ3番ショートの古澤 勝吾(3年)もプロ注目だ。福岡工大城東戦(試合レポート)では、サイクル安打を達成。パワフルなスイングを披露し、打球の速さならば清水以上だ。また走攻守でアグレッシブなプレースタイルなのも魅力である。福岡大会では打率.481、2本塁打、13打点とチームトップの成績を残した。

 群馬県内では高橋 光成前橋育英)とともに注目されていたのが脇本 直人(3年・健大高崎)。高校通算57本塁打、遠投110メートルの強肩で、群馬大会で6試合11盗塁を計測した俊足と、走攻守三拍子揃ったアスリート型の選手で、目標とする選手は糸井 嘉男だ。同じ走攻守三拍子揃った外野手として注目なのが鈴木 将平(3年・東海大望洋)。179センチ82キロと恵まれた体格で、下半身の強さを生かした打撃が出来るのが最大の魅力だ。春季県大会では習志野戦(試合レポート)で場外本塁打を放ち、さらには夏でも袖ヶ浦戦で本塁打を放った。千葉大会では打率.333、1本塁打、4打点。甲子園ではさらに良い数字を残すことを期待したい。

 八戸学院光星は打率.520を記録した強打の三塁手・北條 裕之(3年)。選抜で本塁打を放った深江 大晟(3年)の2人に注目だ。山梨大会で打率.632を記録した望月 大貴(3年・東海大甲府)はミート力が高い左打ちの強打者だ。

 昨年、甲子園出場した滝野 要(3年・大垣日大)は岐阜大会で打率.550を記録し、4番打者ながら5盗塁を記録。また投手を兼ねるように強肩が光る外野守備も魅力で、走攻守三拍子揃ったプロ注目の野手だ。

 3年連続出場を決めた大阪桐蔭は好打者・強打者が揃うが、その中でも注目なのがこの3人だ。打率.400、3本塁打、12打点を記録した強打の2番打者・峯本 匠(3年)、打率.467を記録した3番香月 一也(3年)、4番の正随 優弥(3年)はパワフルなスイングが魅力で、大阪大会で3本塁打を放っており、甲子園でも豪打を披露することが出来るか。

 選抜優勝(試合レポート)の龍谷大平安は守備範囲の広い中堅守備が光る徳本 健太朗(3年)、188センチの大型外野手・大谷 司(3年)の1、2番コンビの大暴れに期待したい。

第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

[page_break:守屋 元気、西岡武蔵などの強打者の活躍も見逃せない!]

守屋 元気、西岡武蔵などの強打者の活躍も見逃せない!

守屋 元気(春日部共栄)

 その他、注目の好打者が多数存在する。

 8年連続選手権出場の聖光学院は打率.542を記録した1番八百板 卓丸(3年)、打率.667の3番柳沼 健太郎(3年)、打率.500の5番伊三木 駿(3年)と左の好打者が揃い、そしてポイントゲッターとして右のスラッガー・安田 光希(3年)がきっちりと仕事を果たす。強力な上位打線で福島の頂点に立った。

 2005年以来の甲子園出場を決めた春日部共栄は正捕手・守屋 元気(3年)がカギを握る。一番の武器は1.9秒台を計測する強肩。さらには右方向に長打が打てる打撃も必見だ。攻守で鍵を握る存在と見ていいだろう。3年ぶりの出場の藤代は1年夏から主軸を任されており、高校通算33本塁打の根本 文弥(3年)の打撃にも注目したい。

 初出場の二松学舎大付、高校通算56本塁打の秦 匠太朗(3年)は打率.278、0本塁打と不発に終わったが、甲子園で自慢の長打力を復活させることが出来るか。打率.429と高打率、巧打の遊撃手・竹原 祐太(3年)にも注目してみたい。

 昨夏から3季連続の甲子園出場となった日本文理は、強打者・池田 貴将(3年)が打線をけん引し、頂点を目指す。
昨年の甲子園で安楽智大から7得点を入れた三重。その中心打者はまだ残り、バットコントロール抜群な長野 勇斗(3年)、そして今年の選抜の智弁学園戦(試合レポート)で豪快な本塁打を放った西岡 武蔵(3年)の打棒に注目だ。

 2013年の選抜4強敦賀気比からは、巧打堅守の遊撃手・浅井 洸耶(3年)、福井大会で最多の9打点を記録した峯 健太郎(3年)も守備範囲の広さと長打力を秘めた外野手だ。2人とも甲子園で成長した姿を披露することが出来るか。チーム打率.491を記録した近江は俊足巧打の1番・堀口 裕真(3年)が突破口を切り開く。強打の智弁学園は、遊撃手の吉岡 郁哉(3年)が打率.333を残しており、注目の選手だ。そして俊足巧打の中堅手・大西 涼太(3年)のプレーにも注目したい。

 島根大会で3本塁打を放った池田 成輝(3年)は毎打席鋭い打球を放ち、13打点を記録した勝負強さも魅力。また強肩を生かした外野守備も魅力だ。九州では大隅半島から初出場となった鹿屋中央の4番打者・木原 智史(3年)は打率.476、1本塁打、10打点と勝負強さを見せている。甲子園初勝利をつかむためには木原の打撃が鍵を握っているだろう。

第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

[page_break:石井祐二郎、杉崎成輝などの楽しみな1、2年生打者!]

石井 祐二郎、杉崎 成輝などの楽しみな1、2年生打者!


左から石井 祐二郎(東海大望洋)・杉崎 成輝(東海大相模)

 1、2年生は長打力ある選手が揃い、甲子園を舞台で、より伸びてくれることを期待したい、楽しみな選手が実に多い。東海大相模は豊富な投手陣が注目されているが、11本塁打を記録した長打力も魅力である。その中心選手が神奈川大会3本塁打を放ったショートストップ・杉崎 成輝(2年)、強打の外野手・豊田 寛(2年)、2本塁打を放った強打の捕手・長倉 蓮(2年)だ。また、夏初出場を決めた東海大望洋では、決勝戦(試合レポート)で豪快な本塁打を放った4番石井 祐二郎に注目だ。

 夏の甲子園初出場を決めた利府の1番万城目 晃太(2年)は、バットコントロールの良さが光る。パンチ力ある打力をもつ星 兼太日本文理・2年)、1年秋から4番に座る五十嵐 誉東海大甲府・2年)、春では主軸を打っていた赤木 陸哉作新学院・2年)の成長にも期待してみたい。夏の甲子園初出場の二松学舎大附東東京大会決勝(試合レポート)で本塁打を放った今村 大輝(1年)が攻守でチームを引っ張り初出場に貢献。甲子園でも大暴れを期待したい。

 3年ぶりの出場を決めた静岡は、4番捕手・堀内 謙伍(2年)、5番遊撃手・安本 竜二(2年)の2年生コンビがチームを引っ張る。2年連続出場の星稜は1年夏からベンチ入りし、投打に高い野球センスを発揮する谷川 刀麻(2年)、1年生ながらショートストップの座を獲得した虎谷 貴哉(1年)のプレーにも注目だ。

 6年ぶりの甲子園出場を決めた東邦は、チームトップの2本塁打8打点を記録した溝口 慶周(2年)の強打が必見だ。滋賀大会で3本塁打を放った近江仲矢 惇平(2年)も豪快な打撃に期待したい。3年連続甲子園出場の大阪桐蔭では、8番打者ながら打率.419、1本塁打、5打点と高い数字を残した福田 光輝(2年)。軽快な守備も注目で、攻守で注目してほしいショートストップだ。

 3年ぶり出場の智弁学園は、打率.438、1本塁打、5打点を記録した強打の三塁手・広岡 大志(2年)が7番に控え、まさに息が抜けない打線となっている。4年ぶり出場の広島広陵は180センチ82キロと恵まれた体格をいかし、鋭い打球を飛ばす喜多 真吾(2年)が、甲子園でアーチを架けることが出来るかに注目したい。

 4年ぶり出場の八頭で打率.600を記録する正捕手・西垣 将喜(2年)はマウンドにも登り、投打でチームをけん引。強打の開星、9番に座る田邨 光(2年)は一発長打もあり、軽快な守備、素早い走塁技術も魅力で、秋以降は大きく注目されそうなショートストップだ。

 強力打線で勝ち上がった九州国際大附。元千葉ロッテ監督の山本 功児監督の息子・山本 武白志(2年)は2試合連続本塁打を放ち、父譲りの長打力を甲子園でも発揮することに期待だ。長崎大会で2本塁打を放った平湯 蒼藍(2年)も将来に期待の持てる左のスラッガーだ。
 

 今回将来性の高い打者をピックアップしたが、野手を見る面白さは投手と違って、1日で評価が変わってしまうことだ。投手は内容は少し違ってもパフォーマンスが大きく変わることはないが、野手というのは1回戦が4打数0安打でも、2回戦で4打数4安打の大当たりで、1回戦とは別人の活躍を見せる選手がいる。最後までヒーローが替わるのは野手を見る楽しさだ。今年はどんな選手が主役になるのか、見逃せない。

(文=河嶋宗一

第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

都市対抗14回出場の日本製鉄東海REXが新人を発表!大阪桐蔭出身の強打者、常総学院出身の大型外野手に注目!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!