2018年07月12日 県立彦根球場

彦根東vs大津

2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会 一回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨夏王者の彦根東がコールド発進

 

 ノーシードから3季連続の甲子園を目指す彦根東が登場。投打で大津を圧倒し、5回コールドで2回戦進出を決めた。

 

 彦根東はU-18日本代表候補のエース・増居 翔太(3年)が先発。増居は先頭打者からストレートで空振り三振を奪うと、その後も遊撃ゴロと二塁ゴロに打ち取り、順調な立ち上がりを見せる。

 

 彦根東の攻撃は1回裏、一死一塁から今井怜央(3年)が盗塁を敢行。捕手の生野優登(3年)の二塁送球が悪送球になると、カバーに入っていた中堅手の西村直人(3年)もこのボールを後逸。守備の乱れから彦根東が1点を先制する。

 

 さらに彦根東は2回裏、一死から8番の増居が三塁ベース直撃の内野安打で出塁すると、続く山岡 右京(2年)が左越え適時打を放ち、増居が生還。着実にリードを広げていく。

 

 何とか増居を攻略したい大津は3回表、一死から8番の葛原吉温(3年)が右翼手の頭上を越える二塁打を放ち、初めての走者を出す。さらにこの後、二塁ゴロで二死三塁のチャンスを作るが、ここも増居のノビのあるストレートの前に空振り三振に倒れ、得点を奪うことができない。

 

 3回裏に彦根東打線が大津に襲い掛かる。二死一、二塁から山岡が三塁線を破る適時二塁打で1点を追加。なおも二、三塁のチャンスで1番の朝日 晴人(3年)が右中間を破る2点適時三塁打を放ち、リードを5点に広げる。さらに四球と盗塁で二死二、三塁とチャンスが続き、3番・原 功征の2点適時内野安打でこの回一挙に5点を奪った。

 

 増居は4回まで投げて被安打1四死球0奪三振7という投球内容で無失点の好投。投球フォームからはいい意味で脱力感が感じられ、勝負所ではギアを上げる器用さも見られた。

 

 一気に突き放したい彦根東は4回裏も攻撃の手を緩めない。一死二、三塁から7番・岡上 士門(3年)の適時打で2点を追加。さらにその後、二死一、二塁となり朝日が今度は左中間を破る2点適時二塁打を放つ。続く今井も中前適時打を放ち、朝日が生還。この回も5点を加え、点差を12点とした。

 

 彦根東は5回表から嶋﨑 詠(3年)が登板。この回3点を取らないと試合が終わってしまう大津は先頭の清水康平(3年)が左前安打を放ち、意地を見せる。しかし、後続が嶋﨑のキレのある変化球の前に三者連続三振を奪われ、試合終了。彦根東が2回戦にコマを進めた。

 

 彦根東はエースの増居が好投し、連覇に向けて順調なスタートを切った。ノーシードからの戦いとなるが、3季連続の甲子園出場はなるだろうか。

 

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昨夏王者の彦根東がコールド発進!一回戦2試合を徹底レポート【滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東大津vs野洲【滋賀県 2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会】
選抜出場3校を擁す滋賀大会!唯一の切符を手にするのはどこか?! 【ニュース - コラム】
第724回 【滋賀展望】レベルアップ著しい注目の滋賀大会!激戦を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第67回 01年夏の近江の準優勝以降に躍進、18年春センバツは彦根東など3校選出【滋賀・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
綾羽vs彦根東【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
近江兄弟社vs北大津【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
北大津vs八幡工【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!【大会展望・総括コラム】
花巻東vs彦根東【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大津 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 滋賀大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る