捻挫を繰り返さないために

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.04.06

捻挫を繰り返さないためには初期の対応と競技復帰の見極めが大切

 何かの拍子に足をひねったり、くじいたりして捻挫をしたことのある選手は少なくないでしょう。スポーツ傷害の中ではよく見かける足首の捻挫ですが、初期対応が適切ではなかったり、まだ完全に良くなっていない段階で競技復帰したりすると、足関節の機能が十分に働かず再度捻挫をしてしまう…といったことも起こりやすくなります。中には何度も繰り返す捻挫によって足関節そのものがいわゆる「ゆるい」状態になってしまっているケースもあります。

 捻挫をクセづけないためにも受傷した段階で適切な応急処置を行い、場合によっては医療機関を受診し、安静期間の指示やその後のリハビリテーションなどを指導してもらうことが大切です。痛みがなくなっても捻挫によって痛んだ靱帯や腱などは修復に時間がかかることが多く、安易に競技復帰してしまうと痛んだ部位にストレスがかかってさらに時間がかかってしまったり、痛みを再発したりします。競技復帰をする前には、「以前と同じ動作を不安なく行えるか」「ケガによって低下した筋力をしっかり取り戻しているか」といったことが大切になってきます。

 繰り返し捻挫をしていると関節の安定性を保っている靱帯の機能が低下し、骨と骨を結びつける働きが弱くなってすぐに足首をひねってしまったり、着地したときなどの不安感が残ったりということが起こります。低下した靱帯の機能を支えるのが筋力強化であり、場合によってはテーピングやサポーターなどを使用することもあります。長期的な視点でいうとやはり足首周辺部の筋力強化は必須項目であり、トレーニングを行いながら試合などの時には装具なども使うようにすることが、足首の捻挫を繰り返さないことにつながります。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
アスリートと歯の健康 【ニュース - その他】
第2回 動画でみる「チームを支える最高のマネージャー」になるための5つのポイント!  【ニュース - コラム】
第2回 水分補給の際の注意点と感染症予防について【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第191回 タイトネスチェックでベストパフォーマンスを【セルフコンディショニングのススメ】
第1回 応急処置で大事なポイント【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第190回 ランニングに伴う踵の痛みとその予防策【セルフコンディショニングのススメ】
第189回 ベストコンディションをもたらす試合前日の過ごし方【セルフコンディショニングのススメ】
第224回 北海道日本ハムファイターズ 増井 浩俊投手【後編】 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
聖光学院、コールド勝利でベスト4へ【秋季東北大会・15日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る