冬だからこそ気をつけたい脱水症状

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.09

冬は体感温度が低く、喉の渇きを感じにくいので脱水には注意しよう

■冬だからこそ気をつけたい脱水症状

 水分補給と聞くと熱中症対策であるとか、夏場の脱水状態を予防するためといったイメージがありますが、コンディションを良好に保つためには季節に関係なく適切な水分補給を行うことが大切です。脱水症状は夏の時期だけではなく、冬の時期にも起こりやすいと言われており、練習前後や練習中に水分補給を行うことはチームとしても個人としてもしっかりと取り組む必要があります。

 冬にも脱水症状を起こしやすい原因としては、空気の乾燥によって皮膚や粘膜、あるいは呼気(吐く息)などからも水分が知らず知らずのうちに奪われていることや、運動をしていても汗をかく量が夏に比べると少ないため、水分不足を自覚しにくいことなどが挙げられます。また体感温度が低い状態では喉の渇きを感じにくいと言われており、水分補給をするタイミングを逸してしまったり、補給する水分量が排泄された量に比べて少ないといったことも考えられます。冷たい飲み物を飲むと身体が冷えてしまうので、飲み物をあえて飲まないケースも見られます。

 また冬は乾燥した空気によってウイルスが浮遊し、粘膜などに付着して感染症を引き起こすリスクが高くなる時期でもあります。ウイルスによる風邪や胃腸炎などは嘔吐や下痢を起こしやすく、身体の水分が大量に奪われて脱水状態になりやすいと考えられます。高熱を発するインフルエンザなどの感染症は、体温を下げるためにも大量の水分が必要となります。

 意外な理由から水分不足に陥りやすい冬の時期ですが、練習前後の水分補給をこまめに行い、脱水を予防してコンディションを整えるように努めましょう。また日常生活においても水分補給の重要性を理解し、身体が冷える場合には温かい飲み物などを上手に利用することも一つの方法です。体内の水分量を適切に保ち、粘膜の乾燥を防いで感染症を予防するように心がけましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
連戦を勝ち抜く食事のポイント 【ニュース - その他】
猛暑に注意!手軽にできる夏の暑さ対策を紹介! 【ニュース - コラム】
第197回 手軽にできる夏の暑さ対策【セルフコンディショニングのススメ】
第7回 緊急時の怪我の対処法について動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第196回 試合当日のトラブルに対応する【セルフコンディショニングのススメ】
第6回 試合当日の食事とアクシデントの対処法についてを動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第195回 肩の前側が痛いときの原因と対処法【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
健大高崎が桐光学園の粘りを振り切り、8強へ!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る