なぜヘッドスライディングが危ないのか?その危険性をもう一度考えてみよう!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.03.28

ヘッドスライディングのリスク

スライディングの基本は足から。頭から滑るヘッドスライディングはケガのリスクが高まるので避けよう

 野球は投げる・打つ・守るのほかに、走ることが求められる競技です。特にランナーとして出塁したときにはベース間をより効率よくまわって少しでも早くホームに戻ってくることが得点につながります。またバッターとして打席に入ったときにも、打った後には一塁まで走ることになりますが、まれに一塁にヘッドスライディングを試みるシーンを見かけます。審判への「気合い」「執念」といったアピールプレーにつながることもありますが、これはケガのリスクを伴うプレーであることを理解しておく必要があります。

 もともとスライディングの技術というのは二塁や三塁、ホームベース上でのタッチをかいくぐる際に効果的な技術であり、一塁への駆け抜けはタッチプレーを必要としないため、トップスピードで走り抜ける方が早いという意見が多く見られます(駆け抜けることとスライディングを試みることとであまり差は見られないという意見もあります)。グランドとの摩擦を生むようなスライディングによってタイムロスをしてしまう可能性が考えられる上に、固定ベースである一塁に頭からスライディングを試みると、相手の野手にスパイクで手を踏まれたり、突き指や指の骨折をしたりするだけではなく、ベースに手をついた際の衝撃で肩の脱臼を起こしたり、頸部や頭部へのケガをしたりとさまざまなケガのリスクが想定されます。

 肩関節の脱臼は手をベースについた際に何度も目撃しましたが、このとき肩関節脱臼を起こしやすい腕の位置になっていることがその要因として挙げられます。腕を横に90度挙げ、その位置で肘を90度曲げて手を上に挙げた状態(肩関節外旋・外転90度)では、肩の後方から衝撃を受けると、上腕の骨が肩関節から外れて容易に前方へと移動(脱臼)してしまう構造になっています。ヘッドスライディングやランナーの帰塁時などはこうした腕の位置になりやすく、相手の選手がグラブでランナーをタッチしたときに脱臼してしまうことが多いようです。

 また頭からベースに突っ込むことで頭部や頸部へ大きな衝撃が加わり、野手と交錯することによって重篤なケガにつながる危険性も高く、このようなリスクを考えるとヘッドスライディングはケガを誘発しやすいプレーの一つであると言えると思います。アピールプレーも大事ですが、それ以上にケガをしないことが大事です。不用意なヘッドスライディングはなるべく避けるようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
テーピングに対する知識は知ってた?正しい知識ととも使用しよう! 【ニュース - その他】
競技復帰に欠かせない患部外トレーニングを重要視しよう! 【ニュース - その他】
第159回 あせりは禁物!ケガからの復帰に向けて覚えておきたい心構え【セルフコンディショニングのススメ】
第147回 足首の不安感をサポートする【セルフコンディショニングのススメ】
第146回 病院の選択や受診時の準備【セルフコンディショニングのススメ】
第145回 ケガからの早期復帰に欠かせない食事【セルフコンディショニングのススメ】
第139回 使いすぎ症候群を防ごう【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

次の記事:
春季東海大会・27日の結果をトーナメント表でチェック!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る