マニー・ラミレスと対戦する可能性がある3人の高卒投手とは?

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.01.11

伊藤翔(横芝敬愛)

マニー・ラミレスと対戦する可能性がある3人の高卒投手とは?

 ボストン・レッドソックスなどで活躍したMLB通算555本塁打のマニー・ラミレス選手が高知ファイティングドッグスに入団する。まさにレジェンド級のラミレスが日本の独立リーグに入団するというのは全く想像できなかった事態だ。

 開幕後は、四国アイランドリーグが盛り上がることは間違いない。そして、今回注目したいのは、ラミレスと対戦する可能性がある高卒投手。今年の新人選手には、北海道出身の最速145キロを誇る右腕・田辺正尊投手(函館工)や、最後の夏は3回戦敗退で終わったが、潜在能力の高さを評価されて香川オリーブガイナーズから指名を受けた藤原 龍海投手(神戸第一)。そして最速147キロ右腕・伊藤 翔投手(横芝敬愛)が徳島インディゴソックスから指名されたが、中でも注目なのが伊藤だ。

 最後の夏は、千葉明徳戦で逆転サヨナラ負けを喫したが、9回裏までリードする展開に持ち込んだ。威力ある速球に加え、縦横のスライダーで翻弄する伊藤の投球は、高く評価されており、今後のNPB入りに期待がかかる。

  自分の実力以上の相手と対戦することで得られるものは非常に多い。伊藤にとってはレベルアップする場としてはまたとないチャンスとなった。

  伊藤が所属する徳島インディゴソックスは、昨年のドラフトで福永 春吾、木下 雄介が指名を受け、新エースの台頭が不可欠である。高卒1年目の伊藤がその役割を担い、早くもラミレスとの対戦が実現するか楽しみである。

【関連記事】
不可能への挑戦!横芝敬愛が目指すは千葉県ナンバーワン! 【ニュース - コラム】
第107回 横芝敬愛高等学校(千葉)【冬が僕らを強くする2017】
第456回 この春も一次予選から激戦!8ブロックの見所を紹介!【2017年千葉春季県大会地区予選展望】【大会展望・総括コラム】
千葉県一次予選の組み合わせが決定!有力校の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第64回 高橋優斗、平内龍太などドラフトで指名漏れとなった有力選手たち!【2016年】【ドラフト特集】
第54回 高校生投手は豊作!ドラフト前に押さえておきたい31名の投手たち【ドラフト特集】
第46回 ここまでプロ志望届けを提出した指名有望な逸材を徹底紹介!【ドラフト特集】
千葉明徳vs横芝敬愛【千葉県 2016年夏の大会 第98回選手権千葉大会】
千葉英和vs横芝敬愛【千葉県 2015年秋の大会 千葉県秋季大会】
成田vs横芝敬愛【千葉県 2015年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
横芝敬愛vs我孫子二階堂【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
千葉敬愛vs敬愛学園vs横芝敬愛【2015年 練習試合(交流試合)・春】
第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」 【2014年インタビュー】
第231回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【前編】 「プロ、アマチュアで出会った捕手の存在」 【2014年インタビュー】
第174回 信濃グランセローズ 大塚 晶文監督 【2014年インタビュー】
伊藤 翔(金沢桜丘) 【選手名鑑】
伊藤 翔(横芝敬愛) 【選手名鑑】
伊藤 翔(佐野日大) 【選手名鑑】
藤原 龍海(神戸第一) 【選手名鑑】
横芝敬愛 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
九州国際大付、コールド勝利で4回戦進出!【春季福岡県大会・25日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る