試合レポート

【春季埼玉県大会】西武台がコールドで川口市立を下し夏のシード権と浦和学院への挑戦権獲得!

2024.04.30


芦澤 瑛太(西武台)

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

<春季埼玉県高校野球大会:西武台9-2川口市立>◇28日◇2回戦◇県営大宮

川口市立vs西武台という共に地力のある南部の強豪校同士の対決になった県営大宮球場の第1試合、夏のシード権と浦和学院への挑戦権を得るのは果たしてどちらか。

先発は川口市立がエースの宇田川 健(3年)、一方の西武台は「隠し球として取っておいた」(河野監督)と、公式戦初登板の背番号23の右腕・高野 優太(3年)が登板し試合が始まる。

試合は初回から点の取り合いになる。

川口市立は初回、西武台・高野の立ち上がりを攻め、先頭の石橋 汰希(3年)がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く金長 慧樹(2年)の所で高野の一塁牽制が悪送球となり無死三塁とする。一死後、3番・高木 綾太(3年)がセンター前タイムリーを放ち1点を先制する。

だが、西武台もその裏、川口市立・宇田川の立ち上がりを攻め、先頭の小崎 俊介(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、一死後、3番・神杉 勇波(3年)がセンター前ヒットを放ち一死一、三塁とする。ここで4番・芦澤 瑛太(3年)が右中間へ2点タイムリー二塁打を放ちすぐに逆転に成功する。西武台はさらに動揺した宇田川から5番・峰島 大駕(3年)、6番・本山 啓治(3年)が連続四球を選び一死満塁とするが、ここは宇田川に踏ん張られ2点でこの回の攻撃を終える。

1点を追う川口市立は3回表、一死から1番・石橋が四球を選び出塁すると、続く金長が三振する間に二盗を決め二死二塁とする。ここで3番・高木がセンター前ヒットを放つが、次打者・西澤 剛(3年)の存在を意識したか三塁コーチャーは二走・石橋を三塁でストップさせる。結局、4番・西澤も凡退し無得点に終わる。

一方の西武台もその裏、この回先頭の芦澤がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く峰島のプッシュバントが相手エラーを誘い無死一、二塁とする。6番・本山がきっちりと送り一死二、三塁とするが、続く櫻井 拓海(3年)の所で西武台ベンチが仕掛けたスクイズは外され櫻井も凡退し無得点に終わる。

この辺りは両校、流れの引き合い、主導権争いが続いていた。

迎えた4回裏、西武台は一気に流れを持ってくる。

一死から9番・小川 海空斗(3年)、1番・小崎が連続四球で出塁すると、続く荒川 義人(3年)のバントは失敗に終わる。それでも3番・神杉のセーフティーバントが内野安打となり二死満塁とチャンスが広げると、続く芦澤が走者一掃となるレフト越えのタイムリー二塁打を放ち早くも4点差をつける。

川口市立の反撃は6回表であった。4回から登板した西武台の2番手・河村 要人(3年)に対し、この回先頭の金長がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く高木もレフト前ヒットを放ち無死一、二塁とする。ここで4番・西澤はセンターへフライを放つと、返球を受けたサードが一走を刺そうと一塁へ送球するがこれが悪送球となる。1点を返し5対2とする。

3点を追う川口市立は7回表、5回からマウンドに上がった川口市立の2番手・毛利 元春(3年)に打席が回る。だが6回裏の投球が良かったこともありベンチは毛利に代打を出さず続投を決断。
すると西武台は7回裏、その毛利に対し、この回先頭の芦澤が四球を選び出塁すると、相手のワイルドピッチで二塁へと進む。さらに続く峰島のバントが内野安打となり無死一、三塁とチャンスを広げる。一死後、代打・内藤 竜暉(1年)の所で相手パスボールにより西武台が6対2と貴重な追加点を得る。

投げては西武台の2番手・河村がこの日は強打の川口市立打線に対し結局5イニングを投げエラー絡みの1失点(自責0)で封じる。

試合の流れを完全に掴んだ西武台は、8回裏にもこの回先頭の小崎の四球を足がかりとし、チャンスで神杉、金光希(2年)、峰島の3連打によりさらに3点を追加し9対2とコールドが成立。

結局、西武台川口市立を相手に9対2と8回コールドで退け、夏シード権と次戦・浦和学院戦の挑戦権を得た。

まずは川口市立だが、
「結果的にコールドになりましたが、一つのボタンのかけ違いの結果かなと。相手の投手は良かった。今日は全てうちの投手が余計な点を与えたこと。ここまで良い形で来ていたけれどここで踏ん張れなければ。夏に向けてもう一回やる良いきっかけかなと。宇田川は名前ばっかり出てやりきってない。練習もそうだしボールも結果も来てないから。具体的に言うと柔らかさがなく体が反れないからボールが見やすいし強さがない。夏はもちろん上のレベルでやるために課題を持って取り組まないと。4回裏の満塁で抑えられなければエースじゃない。あとは西澤。マークされた中で西澤が打てないと勝てない」
と、鈴木監督は珍しく語気を強めた。もちろん期待の裏返しであろう。潜在能力は高いがやや厳しい組み合わせということもありこれでノーシードとなる。今大会は結局、宇田川、西澤という投打の柱の調子が上がらずに終わってしまった。1年夏から出場している西澤や宇田川も最後の夏を迎える。このままでは終われないであろう。

一方の西武台は、
「宇田川君の変化球の見極めがきっちりできた。高野は元々良いボールは投げるので。もちろん経験値がないので、序盤はバタつきましたが、最初から3回と決めていた。2番手の河村は相手が合ってないなと感じたので引っ張りました。最終回は投げさせようと思っていたんですが、結果的に大竹を使わずに勝てたのも大きかった」(河野監督)
この日の修正点は2点、守備とバントだ。今大会やや失策が多く、この日は本来の持ち味であるバントが決まらなかった。浦和学院が相手となると、一つのミスが命取りとなる。次戦に向け修正が必要だ。とはいえ、エースが万全の状態で浦和学院戦を迎える。打線も上り調子であり面白い存在だ。

<関連記事>
◆【一覧】埼玉 注目選手リスト
◆【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧
◆【埼玉】夏のシード16校が出揃う!

この記事の執筆者: 南 英博

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.24

【関東】25日に準決勝、2戦6発の帝京の打棒が響き渡るか<春季地区大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】