2018年07月12日 松本市野球場

上田千曲vs田川

2018年夏の大会 第100回選手権長野大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

上田千曲が延長で田川との投手戦を制す

  

 右サイドスローの背番号10対決は延長戦にもつれる投手戦となり、Bシードの上田千曲が1対0で初戦を突破した。

 

 田川・赤羽憲監督は、上田千曲・新井利尚監督が伊那北高校野球部選手時代の監督で、〝師弟対決〟としも注目された。上田千曲は村松遥翔、田川は中嶋開人とタイプが似た右横手が先発。1回裏、田川は先頭が安打で出塁すると2番で攻守の中心選手、岩井海珠がセーフティーバントを仕掛けるとそのファールボールが顔にを直撃し退場。いきなり動揺が広がる中で試合は再開されたが、両投手が持ち味の緩急を使って要所を締め、こう着状態が続いた。

 

 田川は8回裏、疲れの見え始めた村松を攻め、1死から8、9番の連打で一、三塁と先制の好機。ここで9番中嶋がセーフティースクイズのサインでボール球にバットを引くと、三塁走者が飛び出し挟殺されてアウト。先制機を逃すと延長戦へと突入した。

 

 すると10回表、上田千曲は2死二塁からここまで無安打の4番箱田凌がつまりながらも中前に落とし、二走がかえってついに先制した。村松はその裏、2死二塁のピンチをしのぎ、延長10回を7安打9奪三振の完封で締め、しびれる投手戦を制した。

 

 

(文=小池 剛)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
上田千曲が田川との投手戦を制し三回戦へ!2回戦2試合を徹底レポート!【長野大会】 【ニュース - 高校野球関連】
今年は記念大会枠として2校出場の福岡県の勢力図に迫る! 【ニュース - コラム】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
上田千曲vs上田【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会 中信予選会】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第10回 上田千曲高等学校(長野)【冬が僕らを強くする2018】
上田千曲vs下伊那農【長野県 2017年夏の大会 第99回選手権長野大会】
佐久長聖vs上田千曲【長野県 2017年春の大会 第136回北信越地区高等学校野球長野県大会】
小諸商vs田川【長野県 2016年秋の大会 第135回秋季北信越地区高校野球長野県大会】
田川vs塩尻志学館【長野県 2016年秋の大会 第135回秋季北信越地区高校野球長野県大会】
第8回 名門松商学園が支えた歴史に、佐久長聖を中心とした新勢力が絡み合う(長野県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第176回 【第97回長野大会展望】ノーシードの実力校が偏った混戦必至の長野大会!【大会展望・総括コラム】
上田千曲 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念 長野大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

長野県地域応援スポンサー

長野県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る