2017年07月25日 岡崎市民球場

東邦vs豊田工

2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

長い雨天中断で流れが変わって、再開直後東邦が逆転し一気に爆発

 いよいよ準々決勝。ここまでくると、いずれも好カードというになるが、あいにくの雨模様で、もう一つの会場の小牧市民球は集中的に降った雨の影響で中止となった。
 ところが、少し場所が異なる岡崎市民球場では遅れることなく、とりあえず予定通り試合が始まった。しかし、途中でかなりの雨が降り、3時間以上の中断を余儀なくされたが、グラウンド整備をして、何とか試合は継続された。ただ、次に予定していた試合は中止となってしまった。

 そして、この試合そのものも、長い中断が微妙に選手たちの心に影響を与えたところもあったのか、中断前と中断後では、まったく別の試合のような展開になってしまった。

 まずは序盤、東邦扇谷 莉豊田工は春までエース番号を背負っていたが今大会は背番号3の左腕酒井健汰の投げ合いという感じで始まった。東邦が3回に一死一三塁を得点できなかった直後の4回、豊田工は1番小野舜介の安打と失策、4番酒井の安打などで一死満塁を作ると、ここで福田 堯が左中間へ一掃の二塁打を放って3点を先取した。

 ここまで、豊田工は5回戦でシード校の桜丘に対して逃げ切った勢いを十分に示していた。
その裏、東邦は一死三塁から内野ゴロの間に1点を返したものの、試合の流れは豊田工に向いているかと思われた。

 ところが、5回の豊田工の攻撃に向かいかけたところで俄かに雨が強く降り始めて中断となった。一時的に雨が弱くなってシートを外して再開に向かいかけたのだが、そうこうするうちにまた激しく降り始めて、結局3時間以上の中断ということになった。その間に、場内アナウンスでは様子を見て、2時間以上の中断後に再開予定ということと、第2試合は中止して順延などが発表された。選手たちも、観客や応援団も、昼食を挟んで試合再開を待つという稀有なケースとなった。

 再開された試合は、まるでダブルヘッターの第2試合みたいな感じで始まった。
5回の豊田工はあっさりと3人で終わったが、その裏の東邦は一死から、途中出場で9番に入っていた1年生の熊田任洋が左翼線二塁打。前の回の守りで攻守を見せていて、いい感じで打席に入ったということもあって思い切りもよかった。

 内野ゴロで三塁に進むと、2番林 琢真の打球は二塁深いところだったが、ややぬかるんだグラウンドに足を取られて内野安打となり1点差。さらに、続く田中 来起が左前へ好打して二塁へ進んでいた林を帰して同点。さらに、4番石塚郷も左前打して二塁走者を帰し、ついに東邦が逆転した。

 これで試合の主導権は一転した。
6回の東邦は先頭の7番小瀬木 眞が二塁打で出ると、金森、熊田と安打が続いて加点し、さらに二死二、三塁で田中の中越二塁打など、打者12人で大量7点を奪って、一挙にコールドゲームスコアとした。

 豊田工としては5回戦で好投した横田 龍也を投入したが抑えきれず、再び酒井がマウンドに戻って何とか凌いだものの、7失点はあまりにも大きかった。

 ベスト8で唯一の公立校の豊田工の健闘もここまでだった。

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
愛知県の2018年度の事業計画を発表!招待試合は大阪桐蔭と対戦! 【ニュース - 高校野球関連】
第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック公開! 【ニュース - コラム】
第623回 第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第621回 第90回センバツ逸材投手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第620回 第90回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
第4回 私学4強の壁がある「西愛知」と大激戦の「東愛知」【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第606回 横田 龍也(豊田工)「将来的には、菊池雄星選手のような投手を目指したい」 【2017年インタビュー】
東邦vs桜丘【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
栄徳vs東邦【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
豊田工vs桜丘【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
豊川vs豊田工【愛知県 2017年春の大会 第136回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
東邦vs東海大静岡翔洋【2017年春の大会 第64回春季東海地区高等学校野球大会】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
第337回 東邦高等学校 松山 仁彦選手「スケール感ならば藤嶋に負けない剛腕左腕!」 【2015年インタビュー】
第334回 秀岳館高等学校 九鬼隆平選手「借りはセンバツで返す」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
東邦 【高校別データ】
豊田工 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る