高校野球ドットコム

卒業生
西巻 賢二

西巻 賢二(仙台育英)

都道府県:
高校:
学年:
2018 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
168 cm
体重:
73 kg
データ最終更新日:2018年7月21日

寸評

 東北地区を代表するショートストップ・西巻賢二。投手としても140キロ近い速球をたたき出せる肩の強さを誇る強肩ショートで、打者としても、以前よりも飛距離が伸び、力強い打球を打てるようになった。成長が見える西巻賢二の走攻守について迫っていきたい。

(打撃)
広角に打球を打ち分け、角度が付けばフェンス直撃の打撃を打つなどコンタクト能力の高さが目に付く好打者。

 スタンスはスクエアスタンス。グリップを肩の位置に置いて背筋を伸ばしてバランス良く構えることができている。投手の足が下りたところから始動を仕掛けていき、左足をしっかりと上げていき、真っすぐ踏み込んでいく。始動の仕掛けを見ると、早めの仕掛けで、トップが立ち遅れることなく、速球、変化球にも対応ができている。トップの動きを見るとバックスイングは小さく、捕手側方向へ引いていくので、グリップが体の中に入りすぎることなく、振り出すことができるので、インコースの捌きも問題ない。スイング軌道を見ると、以前と比べるとボールの下を捉えるため、レベルスイングから縦のスイング軌道へ変化。

 当てるのではなく、強く振り切り、手元で押し込むことを意識した打撃スタイルとなっており、それが長打力アップにつながっているのではないだろうか。こういうスイングになるとフライが多くなっているが、このスイングにしなければ西巻の打撃力アップはなかった。
 目線のブレは小さく、打ち損じが少ない。踏み込んだ足元を見るとしっかりと我慢して、スイングすることができており、キレイに軸回転で振り抜
くことができる。

 (守備・走塁)
 西巻のウリは遊撃守備である。とにかく動きが洗練されている。打球反応の速さは素早く、ヒットゾーンと思った打球をことごとくアウトにする。特に三遊間寄りの打球に足が動いており、ランナー一塁の場面で、この打球に対して横っ飛びで追いつき、そこから素早いスナップスローでアウトにするプレーは高校生のレベルを超えている。前への打球に素早く処理して、軽快なランニングスローでアウトにするプレーを見せており、リズミカルな動きには連動性があり、上手い遊撃手というのはこのことを言うんだなと思わせる遊撃手である。

 また肩は強く、スローイングが強い。肩が強くていいのは、スナップスローなどのような小さい動作のスローでも強い送球ができる点である。
 そして走塁を見ると塁間タイム4.10秒~4.20秒前後で、左打者に換算すると3.80秒~3.90秒前後と非常に速い。これ程の選手であまり盗塁がないのは残念。今大会は足と守備で魅せなければ、西巻がアピールする場所はない。限られたチャンスの中でそこはアピールしてほしい。

将来の可能性

 走攻守の完成度の高さは高校生トップクラス。168センチと小柄ではあるが、野球センス抜群だ。高卒プロではなく、大学・社会人を経由して、プロを目指すタイプだろう。ショートに必要なプレーの鋭さ、目敏さを持った選手であるので、上のレベルで活躍するために必要なプレーの強さを追求していけばもっと評価を受ける選手になると思う。
 準々決勝で打撲してしまった右腕の状態が気になるが、元の状態に戻ればショート、セカンド、代走なんでも期待できる選手。ぜひ持ち前の野球センスの高さを発揮してほしい。

情報提供・文:2017.08.31  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事