高校野球ドットコム

卒業生
アドゥワ 誠

アドゥワ 誠(松山聖陵)

都道府県:
高校:
学年:
2017 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
196 cm
体重:
86 kg
データ最終更新日:2016年9月6日

短評

観戦レポートより抜粋(2016年8月12日
 松山聖陵の長身(196センチ)ハーフ、アドゥワ 誠(3年)対北海打線に興味が集まった試合は予想通り接戦になった。

 長身ハーフというと速球派に思われがちだが、それほど速くはない。中盤の6回までは最速が142キロだから「そこそこ」というくらいの速さだ。長い足を持て余すような狭いステップ、さらに長い腕を持て余すようなグラブを持つ左手の活用できなさ(投げ終わったあと左手が遊ぶ)……等々、かなり未完成と言っていい。

 それがピンチになるとストレートの速さが増す。7回裏、北海の6番川村 友斗(2年)が一死から二塁打を放ち出塁すると、それ以降の打者に対してストレートの最速が144キロまでアップしたのだ。たった2キロを言わないでほしい。142キロと144キロとではかなり大きな差がある。

 北海の打者からすれば130キロ台後半から140キロ台前半をうろうろしていたピッチャーが途端に143、4キロのストレートを投げ始めたのだ。そのチェンジアップ効果はかなりのものである。この回を無得点に抑えて試合は1対1のまま終盤戦に突入する。

 北海打線は1回に満塁、2、3、4回に一、二塁、6回に満塁、7、9回に一、三塁と毎回のようにチャンスを作るが、そのつどアドゥワが防戦するという展開。アドゥワの武器はピッチングだけではない。向かってくる打球に対する反応が非常によかった。正直に言うと「ウドの大木」タイプだと思っていたので驚いた。

 ピッチャーゴロを処理したのは7つ(バントは含まない)。脇を抜けるような強い打球もあったが、それにも機敏に反応し、落ち着いて一塁にスローイングしてアウトを積み上げた。5回には無死一塁のときのバントを二塁に送球してピンチの芽を未然に摘んでいる。しつこいようだが、そういう器用さがある選手だと思わなかったので私の評価は上がった。

情報提供・文:2016.08.12  小関 順二

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事