高校野球ドットコム

堀 柊那

堀 柊那(報徳学園)

都道府県:
高校:
学年:
2 年
ポジション:
捕手
投打:
右/右
データ最終更新日:2022年6月14日

短評

試合レポートから抜粋
 今年の報徳学園(兵庫)では、榊原 七斗投手(3年)がドラフト候補として注目を浴びているが、1番捕手の堀 柊那(ほり しゅうな)捕手(2年)の注目度が高まっている。二塁送球タイムは最速で1.8秒台を計測し、上位打線を打つように打撃力も高い。

 その堀がいきなり見せた。1回表、智辯和歌山の144キロ右腕・塩路 柊季投手(3年)から左中間スタンドへ飛び込む先頭打者本塁打を放った。これが高校通算11本目の本塁打という。

 178センチ、75キロといわゆる大型捕手ではなく、大型捕手と騒がれる選手と比べると細身に感じてしまう。それでも遠くへ飛ばす高い打撃技術を持っているのは確かだ。シンプルな構えから、きれいなレベルスイングで球を捉えることができ、高校2年生としてはかなりレベルが高い。

 打撃技術については、元プロの葛城育郎コーチからタイミングの重要性を学んだ。

「タイミングをどう取って、しっかりとコンタクトできるか。その点については繰り返し言われてきました。ヒットの延長線上がホームラン。想像以上に打球が飛ぶようになりましたし、中学時代はそれほどホームランが打てる打者ではなかったんですけど、だいぶ変わったと思います」

 堀の代名詞である「セカンドスローイング」も健在だった。1.9秒台を連発し、最高で1.85秒を計測。本人の自己最速タイに並んだ。憧れは甲斐 拓也捕手(ソフトバンク)。兵庫夙川(しゅくがわ)ボーイズ時代に、甲斐の特徴である捕球時に左足を前に出すスローイングフォームを参考にして、1.9秒台のスローイングまで速くなった。報徳学園入学後、体の近くで捕球したり、捕球後のステップの歩幅も狭くする努力を積み重ね、1.8秒台をたたき出すまでに成長した。

 6回には盗塁を決めるなど脚力もある。走攻守三拍子揃った2年生捕手の最終的な目標はプロ入り。報徳学園は今までも好捕手は多かったが、これほど野球センスが溢れた捕手も、なかなかいない。来年夏まで見逃せない。

情報提供・文:2022.05.28  河嶋 宗一
  • 2022 年 5 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事