高校野球ドットコム

卒業生
松田 隆之介

松田 隆之介(仙台育英)

都道府県:
高校:
学年:
2022 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
177 cm
体重:
74 kg
データ最終更新日:2020年12月6日

短評



 投手王国を形成しつつある首都大学の日本体育大。2022年度は注目の二刀流・矢澤 宏太投手(藤嶺藤沢出身)が最終学年になり、新入生に目を向けると関戸 康介投手(大阪桐蔭出身)が入学するなど、注目どころが目白押しだが、今回は仙台育英(宮城)から日本体育大へ進んだ松田 隆之介投手を紹介する。

 タレント揃いだった仙台育英の強力投手陣の一角を担った右腕。最速144キロをマークする速球派投手という印象が強いが、制球力も悪くないことも評価ポイントである。

 昨年のセンバツの舞台で神戸国際大附(兵庫)と対戦した2回戦。先発した松田は6回93球を投げ8奪三振、2四死球1失点で勝ち投手になった。松田本人も、普段の練習から意識して取り組んできたこともあり、制球力には自信を持っている。仙台育英の指揮官・須江航監督も、その点も含めて「大荒れすることなく、試合を作れる」と安定感あるゲームメーク能力の高さを評価するコメントをしていた。

 その証拠に、仙台育英で取っているデータによるストライク率が、2年の秋時点で70%という。これはエース・伊藤 樹投手を超える成績であり、松田にとっては大きな武器だ。

 ノーワインドアップから、終始脱力しつつ全身を大きく使った縦回転のフォームが印象深い。走者が出ると力むシーンも見受けられるが、下半身を粘り強く使い、フォームの再現度が高い。だから、球の乱れが少なく、持ち味の安定感が発揮されているのではないだろうか。

 今のフォームに大きな癖がないだけに、土台となる体づくりをしっかりとしていけば、早くからデビューできる可能性もあるだろう。実戦派右腕・松田が投手育成に定評がある日本体育大での4年間で大化けして、プロ注目投手になることを期待したい。

情報提供:2022.02.21
  • 2022 年 2 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事