選手名鑑

星子 海勢 (福岡大大濠)

応援メッセージを投稿する!
星子 海勢

星子 海勢

都道府県:
福岡
高校:
福岡大大濠
学年:
2020年卒
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
170cm
体重:
79kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
短評
試合レポートから抜粋
 その深浦を援護すべく、打撃で見せたのは星子。5回裏、特大ファールを放った後、その次のボールで捕手らしい読みを見せた。
「次はスライダーはないなと思っていたのですが、外角に山をはっていました。そしたらスライダーがきて、うまく打ち返すことができました」
 捉えた打球は左中間へ飛び込む本塁打となり、これが高校通算40本塁打となった。この打撃を振り返って星子は「八木先生からスイングが小さくなりすぎていたといわれていたので、本来の持ち味であるしっかりと弧を描いて強く振ることを心がけました」

 重心を沈め、歩幅を広く取って、遠回りせずに、強いインパクトでボールを捉えることができる選手で、打球は非常に鋭い。さらに6回裏にも、2番山城 航太郎の遊撃強襲の安打、3番深浦の適時打で追加点を挙げ、そして星子は「大きな当たりを狙うのではなく、打点を挙げることを意識した」と、痛烈な左前適時打を放ち、7点目を挙げた。構えや打者のタイプはどことなく古賀 悠斗を彷彿とさせる選手。星子にとって古賀の存在は憧れであり、目標だ。スローイングタイム2.00秒前後のスローイングも見逃せない。「僕は全国で活躍している東妻(智辯和歌山)君や山瀬君(星稜)のような圧倒的な強肩はないので、捕ってから投げるまでのスローイングでカバーしたいです」と自分の能力を分かった上でプレーできる点は非常にクレバーだろう。
情報提供・文:2019.04.20 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
大分vs福岡大大濠【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs球磨工【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs尚志館【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs明豊【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板