選手名鑑

木元 康允 (初芝立命館)

応援メッセージを投稿する!
木元 康允

木元 康允

都道府県:
大阪
高校:
初芝立命館
学年:
2019年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
175cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
投げては先発の木元 康允が好投。体を深く沈めて投じる右のアンダースローから、球速は常時115キロ~120キロ前後(最速127キロ)だが、手元で浮き上がっていく球筋なので、球速表示以上に勢いを感じさせ、高め・ひざ元にしっかりと速球が決まる。

 そして木元が自信とするのは100キロ前後のカーブ。緩い曲がりを見せるカーブは思わず手が出てしまうようなコースに集まり、東大阪大柏原打線はことごとくタイミングを狂わされ、マークしていた1番谷口大樹、3番高島 大輔、4番富田拓海を無安打に抑え、打線の流れを寸断させた。 木元は左打者を課題にしており、左打者の谷口、高島を抑えたことには「カーブをうまく使えて自信になった」と喜んだ。

 木元は5安打、1失点完投勝利でベスト4進出を決めた。

 東大阪河内ボーイズ出身の木元は二卵性双生児の弟で、兄・木元康友(二塁手)とともに初芝立命館へ入学。入学当時は兄と一緒に二遊間を組んでいたが、1年秋に投手転向。最初はオーバーハンドとして投げ、その後はサイドになったり、オーバーになったり、投げ方がいろいろと変わった。「そのときはオーバーで投げたいこだわりがあったんです」と言う木元だが、こだわりが消えたのは2年生の夏休みのとこ。大体大浪商戦に先発した木元は初回に大量失点を喫し、「自分はオーバーでは通用しないことが分かりました」とアンダースローに専念することを決意した。アンダースローで強い球を投げるには下半身の強さが不可欠。そのために木元は走り込み、タイヤ引きなどでハムストリングスを徹底的に鍛え上げた。ピッチング練習以外では常に走り、今大会は2回戦以外は全試合で先発し、すべて完投するほどの強靭なスタミナを作り上げた。

 またアンダースローを磨くにあたって、参考にしたのが牧田和久(サンディエゴパドレス)だ。牧田のコンパクトなテークバックを参考にして出どころが見にくいフォームに改良。さらに1球1球ごとに間合いを変えるなど、「打たれにくさ」を追求してきた。

 大会序盤は調子が上がらなかったが、試合を重ねるほど調子を上げ、「今日はしっかりと投げてくれた」と楠本雄亮監督も絶賛する完投勝利であった。
情報提供:2018.06.15
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
関大北陽vs初芝立命館【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
初芝立命館vs東大阪大柏原【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
履正社vs初芝立命館【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs初芝立命館【大阪府 2016年秋の大会 平成28年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
上宮太子vs初芝立命館【大阪府 2016年秋の大会 平成28年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
初芝立命館vs近大泉州【大阪府 2016年秋の大会 平成28年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】

コメントを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板