高校野球ドットコム

卒業生
花本 太紀

花本 太紀(東大阪大柏原)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
173 cm
体重:
70 kg
データ最終更新日:2011年9月21日

寸評

 石川 慎吾の前に打つショートストップ。甲子園では至学館戦ではホームランを打つなど、石川 慎吾以上の活躍を見せてくれた。パンチ力が光る打撃、広い守備範囲が光るショート守備、隙を逃さない走塁と三拍子揃ったプレースタイルは玄人受けするものがある。

(打撃)

 スタンスはスクエアスタンス。グリップを高めに置いて背筋を伸ばして構えている。投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、足を高く上げて真っすぐ踏み込む。

 トップの動きを見ていくと捕手側方向へ引いていくが、入りすぎており、インコースには窮屈な動きだ。上のレベルではインサイドの対応が不可欠になるので、木製でも対応できる腕の使い方を習得していきたい。スイング軌道は孤の大きいスイング軌道になっているが、ヘッドが下がらずコンパクトに振り抜くスイングをしている。特に外角にはしっかりと叩くことができており、甲子園2戦では外角の球に対してはスムーズに振り抜いて鋭い打球を飛ばすことが出来ていた。甘く入った縦のスライダーにはホームランにした当たりも見事でパンチ力もある。右打ちの技術も高く、大坂桐蔭の藤波に対してもスライダーを打ち返すことができていた。

 踏み込んだ足はしっかりと踏ん張ることができており、軸足もしっかりと押し込んで強いスイングができている。下半身の使い方は上手い。

 フォロスルーはそれほど大きくなく、中距離打者仕様のスイングだが、しっかりと振り切るスイングが出来ており、強い打球を生み出すことができている。石川慎吾と比べると迫力は欠けるものの、癖のないスイングが出来る打者であり、木製になっても比較的早く対応できる打者ではないだろうか。
(守備・走塁)
 一歩目は速く、動きは良く、グラブ捌きも柔らかい。守備範囲の広さはショートとして基準に達しており、捕ってからすぐ投げるクイックスローも出来ており、地肩自体も強く、上のレベルでもショートが出来る能力は備わっている。一つ一つの動きを丁寧にこなす姿勢を見るとセカンド・サードを守れる可能性も拡がっているだろう。

塁間タイムは4.30秒前後で左打者に換算すると4.00秒前後と中々速いタイムを計測する。脚力も高い選手であり、ベースランニングも速く、ただ足が速いだけではなく、走塁技術の高さも光る。盗塁数は8試合で2盗塁と積極的に走るタイプではないので、上のレベルでもう少し盗塁意欲を高めていくと彼の付加価値は高まりそうだ。

将来の可能性

 走攻守三拍子に纏まったプレーヤーであり、それでいて丁寧にプレーをこなしており、さらに高いレベルの環境の下で揉まれていけば、どんな選手に成長を遂げていくかわくわくさせるものがある。環境が緩い大学ではなく、一球一球を無駄にしない緻密な野球を求める環境の下でやれば大きく伸びていきそうな予感はある。

 4年後にはドラフト指名候補に成り得る内野手に成長していることを期待したいショートストップ。大学野球という舞台に移しても志を高く持ってプレーしてほしい。

情報提供・文:2011.09.15  河嶋 宗一
  • 2011 年 9 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事