最速142キロの群馬の公立の星・佐藤祐(前橋工)はエースの覚悟を胸に強豪私学を圧倒する!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.25

佐藤祐(前橋工)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
最速142キロの群馬の公立の星・佐藤祐(前橋工)はエースの覚悟を胸に強豪私学を圧倒する!

 7月18日から開幕した群馬県の独自大会。前橋育英健大高崎桐生第一と例年以上に熾烈極める大会となるが、そこに待ったをかけようとしているのが、前橋工の佐藤 祐だ。

 身長181センチ83キロの恵まれた体格から、最速142キロのストレートなど力強いボールで打者を翻弄。県内屈指の力投派投手だ。そんな佐藤はここまでにどのような道のりを歩んできたのだろうか。

(続きを読む)

関連記事
控え選手中心の中学時代からプロ注目の大型捕手へ。田所宗大(いなべ総合)の着実な成長ステップ
通算58本塁打の大砲、超高校級の「坂本勇人」など「公立校」にいる逸材たち
【組み合わせ】2020年三重県高等学校野球夏季大会

【関連記事】
第1224回 最速142キロの群馬の公立の星・佐藤祐(前橋工)はエースの覚悟を胸に強豪私学を圧倒する! 【2020年インタビュー】
昭和の時代に北関東で躍進した工業校にフォーカス!群馬・前橋工、栃木・宇都宮工の歩みに迫る 【ニュース - コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第33回 前橋工(群馬)「全員野球で思い出深い夏にし、通算9度目の甲子園へ」【僕らの熱い夏2019】
第31回 山形城北(山形)「泥臭いプレーでお互いを認め合い、支え合い、高め合うチームに」【僕らの熱い夏2019】
小田和正さんや南こうせつさんなど..高校の校歌を手掛けた著名人を紹介! 【ニュース - コラム】
第9回 小田和正さんや南こうせつさんなど..多くの著名人が高校の校歌を手掛けている!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第56回 双頭となった健大高崎と前橋育英の争い、桐生一と樹徳などが追う【群馬・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
二松学舎大附vs前橋工【2016年春の大会 第68回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋工vs中央中等【群馬県 2014年春の大会 群馬県春季大会】
前橋工vs前橋商【群馬県 2013年夏の大会 第95回選手権群馬大会】
前橋工vs前橋商【群馬県 2011年夏の大会 第93回群馬大会】
健大高崎vs前橋工【群馬県 2011年春の大会 群馬県春季大会】
前橋工 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
敦賀気比が新チームになってぶつかった秋の壁、そして甲子園に再び戻るためには【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る