「コウノエベルトスパイク」がプロ野球界を席巻中!?好評を博しているスパイク誕生までの道のり!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.16

鴻江寿治トレーナー

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】

 サポートを主体とした「コウノエベルト」と呼ばれるベルトが、累計25万本を超える売上実績を上げている。そんな大ヒット製品を搭載したスパイク、「コウノエベルトスパイク」がプロ野球界で愛用者が増えてきている。そんなプロ野球界大注目のスパイクを共同で開発した鴻江寿治トレーナーに、開発経緯などを中心にお話を聞いた。

 (記事を読む)

【目次】
[1]最重要コンセプトは『ケガをしないスパイク』
[2]プロ野球界でも愛用者が増える一方の「コウノエベルトスパイク」

【関連記事】
千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)投手が手にするコウノエベルトスパイクの特徴とは?! 【ニュース - インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)投手が大事にする「投手のスパイク」の考え方とは?! 【ニュース - インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】 【2018年インタビュー】
第844回 スパイクの本質とは「故障」をさせないこと 選手の成長を支える「コウノエベルトスパイク」【後編】 【2018年インタビュー】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第69回 明徳義塾(高知)編「夏8年連続甲子園出場を続ける明徳義塾のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第116回 夏の大会前に買い替えたいと思っている野球用具は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第41回 奈良県立郡山高等学校(奈良)【僕らの熱い夏2016】
第7回 1本でも多くの安打を打つために...伊藤 光選手(オリックス・バファローズ)がバットでこだわっていることは?【プロ野球選手の用具のこだわり】
伊藤 光(明徳義塾) 【選手名鑑】
伊藤 光(浦添工) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
不可能への挑戦!横芝敬愛が目指すは千葉県ナンバーワン!
次の記事:
西短附・江崎、日章学園を完封!【春季九州地区大会 20日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る