朝食はご飯がいい?パンがいい?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.07

パンを選んだときはパンのみではなく、野菜や果物なども食べるようにしよう

 野球選手にとって朝食は体づくりだけではなく、その日一日の活動を支える大事なものです。食事を抜いてしまう欠食は体に必要な栄養素が不足してしまうためなるべく避けたいところ。では朝食に何を食べればいいのでしょうか。朝食として主食となるものはご飯やパンなどが一般的です。日本人の約半数は朝食にパンを食べていると言われていますが、ご飯食とパン食では何が変わってくるのかについて考えてみましょう。

【ご飯食で得られるカロリー】
ご飯1膳(150g)252kcal
どんぶり飯(250g)420kcal
コンビニのおにぎり・お米のみ(100g) 168kcal

【パン食で得られるカロリー】
食パン(6枚切り) 1枚 177kcal
食パン(8枚切り) 1枚 132kcal
バターロール(1個30g) 95kcal
クロワッサン(1個40g) 179kcal

 8枚切りパンを2枚食べるとカロリーはご飯1膳程度に相当し、エネルギー源としての炭水化物をとるという意味では大きな違いは見られません。ただパンには脂質が多く含まれていることや、ご飯に比べて柔らかいため咀嚼回数が少なくなってしまうこと、ご飯と違って粉状のものから作られているため消化吸収のスピードが早いといった点が挙げられます。噛む回数が少ないと食事時間は短くなって満腹感はなかなか得られないですし、消化吸収が早ければ空腹感を覚えるのも早くなるということです。これがいわゆる「腹持ち」の違いとなっていると考えられます。

 また朝食にご飯を食べる選手はご飯のみではなく、主菜や副菜等さまざまな栄養素をバランスよくとる傾向にあり、一方でパン食の選手は朝食をパンのみ、もしくはパンと飲み物でサッと済ませやすいという指摘もあります。パン食は食べやすい反面、咀嚼回数は減り、栄養バランスも偏りがちになります。タンパク質源や野菜などから摂取できるビタミン・ミネラル分を意識してとることが必要です。ご飯食で気をつけたいのは和食のメニューは塩分が多くなってしまいがちであるという点です。醤油や塩を使うのは控えめにしつつ、素材の味をしっかりと味わって食べましょう。どちらの朝食でも単品のみで済ますのではなく、主菜や副菜、飲み物などバランスのよい食事をとることが大切です。

参考サイト)カロリーSlism

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
夏の大会目前!トレーニングをより良いコンディションづくりに役立てよう! 【ニュース - コラム】
第223回 試合期とトレーニングプログラムの変化【セルフコンディショニングのススメ】
湿布とアイシングの違い 【ニュース - その他】
第222回 暑熱馴化とセルフコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第221回 骨折の種類とカルシウムの必要性【セルフコンディショニングのススメ】
第220回 病院を受診するときに確認すること【セルフコンディショニングのススメ】
第219回 試合のパフォーマンスを支える補食【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs宮崎県選抜【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs立教大【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】

コメントを投稿する

前の記事:
初日から星稜vs履正社!!組み合わせをトーナメント表でチェック!【第91回選抜高等学校野球大会】
次の記事:
帝京や関東一の初戦は?東東京大会の組み合わせをトーナメント表でチェック!【東東京大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る