• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 最速140キロを投げられるキーポイントは「連動性」 藤森 粋七丞(青森山田リトルシニア)

最速140キロを投げられるキーポイントは「連動性」 藤森 粋七丞(青森山田リトルシニア)

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.06

 2018年8月に行われた第4回 WBSC U-15 ワールドカップに出場し、4位という成績に終わった侍ジャパンU-15日本代表。だが、中学野球最高峰の選手たちが見せたプレーは、将来を大きく期待させるものであった。

 今回はその中で、青森山田リトルシニアの藤森 粋七丞(ふじもり いきなすけ)について迫っていきたい。

 藤森は、質の高いストレートを投げ込む本格派だ。最速は140キロだが、球速以上に球のキレがあり、高校生と比較しても見劣りはしない。

 U-15代表の正遊撃手を務めた齋藤広空も、藤森のストレートを絶賛する。
 「藤森粋七丞(青森山田リトルシニア)は球のキレがすごかったです。打席で見て「うおっ」と思いましたね」と話す。

 その投球を可能にしている理由としては、上半身と下半身の連動性があるフォームにある。中学生離れした下半身が安定感を生み、スムーズに投げる事ができている。

 世界を経験し、高校野球でも活躍が期待される藤森。次に待っているのは甲子園という大舞台だ。

あわせて読みたい!
卓越した守備力でU-15日本代表入り!齋藤広空(京葉ボーイズ)の「守備美学」に迫る!
森木大智、笹倉世凪、伊藤樹の中学軟式トップ3は高校でも投手として頂点に立つことができるか?

【関連記事】
仁志敏久から学ぶ!『やってはいけない守備/フライ捕球の声かけ』 【ニュース - 高校野球関連】
2019年も注目したい大学生野手をピックアップ!高校時代の活躍も振り返る! 【ニュース - その他】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs宮崎県選抜【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】

コメントを投稿する

前の記事:
ひざ掛けで、マネージャーの寒さ対策を!【マネージャー】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る