守備に自信を持つ小園海斗のもう1つの武器・「内角球を長打に打てる技術」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.06

小園海斗(広島 ※写真は報徳学園時代)

 広島・小園 海斗報徳学園出身)が広島の主力投手の1人である九里亜蓮から本塁打を放った。シート打撃で九里の内角直球をモノ見事に引っ張り、ライトスタンドに運んだ。小園は藤原 恭大根尾 昂とともに高卒でドラフト1位指名を受けた野手だが、2人より優れている点は「インローに反応し、長打にできる技術」だ。

 大学代表との試合で小園は松本 航(日本体育大)から本塁打を放ったのも147キロのインロー。しかも木製での実戦は2試合目で記録したもので、まさに小園の凄さを象徴した試合だったが、小園は内角に対して、体が突っ込むことなく、瞬時に自分の懐にボールを呼び込み、骨盤、軸足を回旋させ、打球を飛ばすことができる。これは藤原、根尾にはない点だといえる。

 また遊撃守備では難なく溶け込み、首脳陣の期待に応えている小園。

 小園が超一流になれるか、否かについては小園の打撃技術を尊重し、長打を打てるパワーヒッターに育てられるかについてである。小園のようなショートストップは得てしてヒット狙いの打者になる傾向があるが、広島は好打者タイプの田中 広輔を二桁本塁打を2回打てるまでの内野手に育て上げている実績があり、またごまかしがきかない天然芝の本拠地でプレーする小園にとって広島は最適の球団だと思っている。

 この内角攻めを極めながらプロの一流投手の変化球を見て、プロで対応できる技術をじっくりと見つけてほしい。1年目は「勉強」。超一流の階段に登るには足元を見て、前進するだけである。

 
【関連記事】
活躍が注目されるドラフト1位選手たちのプレーを動画でチェック! 【ニュース - その他】
福岡で見つけた可能性の塊 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第835回 激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!【大会展望・総括コラム】
第535回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第532回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第27回 済美のグランドスラム、通算50勝、中学史上初150キロ!2018年「四国の野球」10大ニュース!【四国発】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第819回 エースとしての自覚を胸に勝てる投手を目指す!報徳学園エース林直人 【2018年インタビュー】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第781回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
龍谷大平安がV!各校課題が浮き彫りになった秋季近畿大会を総括!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る