守備に自信を持つ小園海斗のもう1つの武器・「内角球を長打に打てる技術」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.06

小園海斗(広島 ※写真は報徳学園時代)

 広島・小園 海斗報徳学園出身)が広島の主力投手の1人である九里亜蓮から本塁打を放った。シート打撃で九里の内角直球をモノ見事に引っ張り、ライトスタンドに運んだ。小園は藤原 恭大根尾 昂とともに高卒でドラフト1位指名を受けた野手だが、2人より優れている点は「インローに反応し、長打にできる技術」だ。

 大学代表との試合で小園は松本 航(日本体育大)から本塁打を放ったのも147キロのインロー。しかも木製での実戦は2試合目で記録したもので、まさに小園の凄さを象徴した試合だったが、小園は内角に対して、体が突っ込むことなく、瞬時に自分の懐にボールを呼び込み、骨盤、軸足を回旋させ、打球を飛ばすことができる。これは藤原、根尾にはない点だといえる。

 また遊撃守備では難なく溶け込み、首脳陣の期待に応えている小園。

 小園が超一流になれるか、否かについては小園の打撃技術を尊重し、長打を打てるパワーヒッターに育てられるかについてである。小園のようなショートストップは得てしてヒット狙いの打者になる傾向があるが、広島は好打者タイプの田中 広輔を二桁本塁打を2回打てるまでの内野手に育て上げている実績があり、またごまかしがきかない天然芝の本拠地でプレーする小園にとって広島は最適の球団だと思っている。

 この内角攻めを極めながらプロの一流投手の変化球を見て、プロで対応できる技術をじっくりと見つけてほしい。1年目は「勉強」。超一流の階段に登るには足元を見て、前進するだけである。

 
【関連記事】
今週末の関西地方の見所 大阪桐蔭、報徳学園、智辯和歌山ら実力校が次々登場! 【ニュース - 高校野球関連】
兵庫のベスト16が確定!明石商や神戸国際大付が順当に勝ち上がる 【ニュース - 高校野球関連】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第947回 【兵庫大会総括】明石商が圧巻の逆転V!公立校13校がベスト16入りと大躍進!【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第835回 激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!【大会展望・総括コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
奥川恭伸が聖地に帰ってくる!聖光学院は前人未到の13連覇【出場校一覧】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る