野菜ジュースは野菜の代わりになる?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.09

野菜ジュースは加熱処理に強い栄養素を手軽にとることができる。普段の食事で野菜をとることも忘れずに。

 体づくりに欠かせない栄養素といってまずはじめに思いつくのはタンパク質ではないでしょうか。ところがタンパク質はそれを単体でとるだけではなく、代謝に必要なビタミンやミネラルなどを含むものもあわせてとる必要があります。ところが朝食でパンとジュースをさっととるだけだったり、食事を丼物や麺類だけで済ませてしまうと、ビタミンやミネラル不足に陥りやすくなります。特に男子アスリートは野菜不足を指摘されることが多く、「野菜の代わりに野菜ジュースでもいいですか?」と尋ねられることもしばしば。

 一日に必要な野菜の量は350gといわれていますがこれは小鉢5〜6皿分に相当し、意識して野菜をとるようにしないと毎日必要量をとることはむずかしいかもしれません。特に野菜を加熱してしまうと熱に弱いビタミン類は壊れてしまいますし、生野菜でとるにはかさが多すぎて食べきれないということも考えられます。これを市販の野菜ジュースに置き換えてみると、手軽にビタミンやミネラル分がとりやすいというメリットがあります。

 ただし野菜ジュースは原材料を一度加熱して水分を蒸発させ、濃縮する「濃縮還元」のものが多く、これに糖分や食品添加物などを加えて飲みやすさを考慮しています。加熱処理に弱いビタミン類は、加工段階で失われやすく、後から添加物として入れられているものが多くなります。その一方で加熱処理に強い栄養成分は豊富に含まれるため、効率よくとることができます。緑黄色野菜を原料としたものには抗酸化作用があるビタミンAやベータカロチン、余分な塩分を体外に排出する作用のあるカリウムなども豊富に含まれます。野菜ジュースにはさまざまな種類がありますので、パッケージの栄養成分表示で内容を確かめるようにしましょう。

 野菜ジュースではある程度の野菜の栄養素をとることが可能ですが、効果的に摂取できる栄養素と摂取しにくい栄養素があります。また飲みやすさを考慮した糖分も含まれるので、習慣化し、大量に飲むと糖分をとりすぎてしまうことにつながります。野菜ジュースはあくまでも食事の補助食品としてとるようにし、食事では野菜も積極的にとるように心がけましょう。

 

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
適度な緊張感を維持しよう 【ニュース - その他】
野菜不足を解消しよう 【ニュース - その他】
第223回 試合期とトレーニングプログラムの変化【セルフコンディショニングのススメ】
第222回 暑熱馴化とセルフコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第221回 骨折の種類とカルシウムの必要性【セルフコンディショニングのススメ】
第220回 病院を受診するときに確認すること【セルフコンディショニングのススメ】
第219回 試合のパフォーマンスを支える補食【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
バッティングと全員野球で目指すは頂点!鳥栖商(佐賀)の夏に迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る