プレミア12と東京オリンピックの公式試合球はSSKに!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.07.05

 2020年の東京オリンピックに向け、野球界は盛り上がりを見せている。そして、その盛り上がりに合わせるように1つのニュースが飛び込んできた。

「SSKは、WBSC(World Baseball Softball Confederation/世界野球ソフトボール連盟)とのパートナーシップ領域をさらに広げ、2020年まで公式試合球における独占的な契約を締結します。」

 このことにより、2019年のプレミア12を含む、主要な国際大会では、SSKのボールが使用される。日本開催の2020年東京オリンピックでも、国内メーカーであるSSKが公式試合球で大会を支えることになった。

※SSKは、審判用具においても、2015年にすでにWBSCとグローバルパートナーシップ契約を締結している。そのため2021年3月末までプレミアム12やベースボールワールドカップなど、各年代の国際大会において、審判員はSSKウェアを着用することになっている。

 WBSCのリカルド・フラッカーリ会長と(株)エスエスケイ代表取締役社長の佐々木恭一は下記のようにコメントを発表した。

WBSCのリカルド・フラッカーリ会長
「SSKのような歴史と革新性のある野球ブランドだけがこの重要な役割を担うことができ、私たちもパートナーとして信用できます。WBSCは、20年以上にわたるSSKとの関係と、今回の新たに構築できたパートナーシップを非常に喜んでいます。今後もWBSCは、野球のグローバル化に向けて、SSKとともに取り組んでいきます」

(株)エスエスケイ代表取締役社長の佐々木恭一
今回の契約に際し、「SSKのブランドミッションは『Baseball, it’s our game.』であり、野球を通して人と繋がり、充実した人生を目指します。今回の契約は、U-12の野球を夢見る世代からトップまで、各年代の世界一を決める大会の公式球になります。SSKは、20年以上にわたり、審判ウェアでもサポートさせていただいており、今後も、WBSCとともに、野球のさらなる発展と成長に貢献できるよう、活動していきます」

 SSKが公式試合球でサポートする東京オリンピックはすぐそこまで来ている。各国際大会でも、日本代表の活躍を期待したい。

【関連記事】
元PL学園監督・中村順司氏による中学生指導者に向けた講習会が八王子市で開催 【ニュース - 高校野球関連】
小学生の甲子園で野球の基本を再認識 【ニュース - その他】

コメントを投稿する

前の記事:
必由館、八代、東稜が勝利! 【選手権熊本大会・15日の結果】
次の記事:
必由館、八代、東稜が勝利! 【選手権熊本大会・15日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る