今春センバツ選出が有力な山梨学院(山梨)には、専用グラウンドと3つの寮があるなど、設備面では全国でもトップレベルだが、さらに専用ブルペンが新設された。

 テニスコートのようなフェンスで囲まれ、その中には、5つのマウンドと、基礎トレーニングができるように砂場もある。マウンドの周りは人工芝で、高校野球部とは思えないハイテクな作りだ。

 この専用ブルペンを含めると、グラウンド、雨天練習場全体でのマウンドが13個。マウンドも高いことが特徴になっている。部員も多く、投手登録も多い山梨学院にとっては多くの練習が積みやすい環境となった。

(動画を見る)