トーナメント表
夏の甲子園の勝ち上がり

関連記事
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

  第104回全国高校野球選手権大会第11日となった16日、第4試合で二松学舎大附(東東京)と大阪桐蔭(大阪)の3回戦が行われ、4対0で大阪桐蔭が勝利。大阪桐蔭のエース・川原 嗣貴投手(3年)が粘りの完封勝利を挙げた。

 初戦ではコントロールに不安があったが、この日は一転。145キロ前後(最速147キロ)の直球を内外角へ投げ込み、130キロ中盤のカットボール、スプリット、120キロ台のスライダー、100キロ台のカーブを自在に投げ分け、強力打線・二松学舎大附を翻弄した。6安打を打たれたものの、要所で抑え、8奪三振1四死球の完封勝利。復活を印象付ける快投だった。