2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は和歌山を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 向陽 7回
1位 箕島 7回
1位 桐蔭 7回

 和歌山の昭和時代は、この3チームの活躍に象徴されている。向陽は海草中時代の1939年(昭14)に、伝説の嶋 清一投手を擁して優勝を果たした。速球を武器にした左腕は甲子園で5試合全試合完封して優勝投手となった。45イニング連続無失点で奪三振は57、許した安打は8安打。なんと準決勝、決勝で2試合連続ノーヒットノーランの大快挙を成し遂げたのだった。もちろん、2試合連続無安打無得点試合達成はいまでも大会記録だ。

 桐蔭にも伝説の左腕がいた。1961年(昭36)、主将でもあった森川 勝年投手がチームを準優勝に導いた。和歌山大会、紀和大会、甲子園の決勝までの10試合全て完投し、7試合で完封している。甲子園決勝は「怪童」と呼ばれた尾崎 行雄投手擁する浪商(現・大体大浪商=大阪)に0対1で敗れたが、最後まで互角の戦いを演じた。第100回の記念大会となった2018年夏の和歌山県大会で始球式を務めた森川氏は、当時について印象に残っているのは和歌山県予選、県立和歌山商との準決勝だと振り返っている。1対0とリードして迎えた9回裏無死満塁の絶体絶命のピンチを、三振とスクイズ失敗の併殺で切り抜けたという。まるで「江夏の21球」である。

 箕島の活躍は高校野球ファンならご存じの通りだろう。1979年(昭54)に、サブマリンの石井 毅投手(元西武)と嶋田 宗彦捕手(元阪神)を中心に春夏連覇を成し遂げた。センバツの決勝では牛島 和彦投手(元中日、ロッテ)と香川 伸行捕手(元南海、ダイエー=現・ソフトバンク)を擁した浪商と「伝説の決勝戦」と言われる8対7で優勝。夏は3回戦でこれまた伝説の星稜(石川)との延長18回サヨナラゲームを経て、決勝では池田(徳島)との接戦を4対3で制した。

 平成からは智辯和歌山の時代に入っているが、結果ほど簡単に勝ち上がれていない和歌山県全体レベルの高さは今も昔も変わっていない。

 和歌山県初代表は第1回(1915年)の和歌山中(現・桐蔭)で初勝利もその時の初戦でマークしている。最高成績は優勝で、智辯和歌山が3回、桐蔭向陽が2回、箕島が1回達成している。和歌山県の通算成績は126勝79敗1分けで、勝利数の都道府県ランキングは6位。

★和歌山県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 智辯和歌山 25回
2位 桐蔭 20回
3位 箕島 8回
4位 向陽 7回
5位 新宮 5回
5位 市立和歌山 5回

★和歌山県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 智辯和歌山 42勝(優勝3回、準優勝1回、4強2回、8強1回)
2位 桐蔭 32勝(優勝2回、準優勝3回、4強4回、8強1回)
3位 向陽 14勝(優勝2回、準優勝1回、4強1回)
4位 箕島 13勝(優勝1回、8強1回)
5位 新宮 5勝(4強1回、8強1回)
5位 市立和歌山 5勝(4強1回)
5位 海南 5勝(8強3回)