2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は長野を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 松商学園 23回
2位 長野商 7回
3位 丸子修学館 5回

 長野の高校野球を振り返る上で、このチーム抜きでは語れない。古くは松本商として活躍した松商学園。昭和の時代ももちろん、このチームが長野の主役だった。1950年(昭25)からは5連覇。1975年(昭50)からは6連覇を達成している。もちろん、長野県としてもこの6連覇は最長記録だ。
 松本商時代、昭和となった最初の1927年(昭2)にベスト4に入ると、翌1928年(昭3)に長野県勢として初めて夏甲子園の頂点に立った。今でも県勢唯一の優勝となっている。ちなみに昨年2021年(令3)に松商学園が初戦勝利を果たし、史上初の「大正」「昭和」「平成」「令和」の4元号勝利を達成している。松商学園の甲子園の歴史は、古き良き懐かしい古豪でもなく、輝かしい功績は今もなお輝き続けている。全国でも珍しい「甲子園常連校」とはこのことだろう。

 

 長野県初代表は長野師範。初勝利も1917年(大6)の長野師範がマークした。最高成績は松商学園の優勝。長野県勢の通算成績は61勝96敗で、勝利数の都道府県ランキングは27位。

★長野県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 松商学園 37回
2位 長野商 8回
2位 佐久長聖 8回
4位 丸子修学館 7回
5位 岡谷工 4回
5位 長野師範 4回

★長野県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 松商学園 27勝(優勝1回、準優勝1回、4強3回、8強1回)
2位 長野商 7勝(4強1回、8強2回)
2位 佐久長聖 7勝(4強1回)
4位 岡谷工 4勝(準優勝1回)
5位 長野師範 3勝(準優勝1回、8強1回)
5位 丸子修学館 3勝(8強1回)