トーナメント表
鹿児島大会の組み合わせ

全国の日程・結果一覧
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 第104回全国高校野球選手権鹿児島大会の組み合わせ抽選会が6月18日、鹿児島市の鶴丸高校文化館であり、夏の甲子園を目指す県大会の組み合わせが決まった。

 今大会の出場校は2つの連合を含む64チーム70校。7月2日に開幕し、鹿児島市の平和リース、鴨池市民の両球場で3回戦までは連日開催。準々決勝以降は平和リースを使用し、準々決勝は17、18日、準決勝は22日、休養日を設けて24日に決勝の日程で開催される(※雨天順延)。昨年同様に投手の連投を避け、夏場の選手の負担軽減を考慮し、準々決勝以降の試合日程に間隔を空ける方式が導入された。

 シード校は昨秋、今春、NHK旗の県大会実績による獲得ポイントに基づいて、第1シードが大島、以下鹿児島城西神村学園国分中央川内樟南鹿児島玉龍鹿児島の順でシードとなった。シード8校の位置が決まった後、残りチームが抽選を行い、対戦カードが決まった。3年ぶりに開会式が実施され、伊集院の赤鹿 諒由主将が選手宣誓する。

 春の九州大会を制した神村学園、NHK旗優勝の鹿児島城西、センバツ出場の大島のシード校が優勝争いの軸になりそう。シード神村学園と強豪・鹿児島実が初戦での対戦が決まると会場は思わずどよめいた。このほかにも鹿児島商VS鹿児島南樟南VS枕崎れいめいVS川内鹿児島工VS鹿屋農など1回戦にはもったいない好カードも多い。

 「勝敗も大切だが、それ以上に出場辞退がなく、全員が無事に球場にやってきて野球ができることが大切」と県高野連の山内 昭人理事長。通常通りの入場行進、開会式が実施され、全校応援なども以前と同じように実施されるだけに、感染症対策の徹底を呼び掛けた。またこの夏から継続試合も導入される。

(取材=政 純一郎)

■大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会

■7月2日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会

第104回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会
1回戦 鹿屋    8  -  0    徳之島 平和リース球場(県立鴨池) 応援メッセージ
大島 10  -  1    薩南工 平和リース球場(県立鴨池) 応援メッセージ