都大会のトーナメント表
國學院久我山、帝京などが属するブロック
修徳、関東一などが属するブロック
日大三、東海大菅生などが属するブロック
都立狛江、二松学舎大附などが属するブロック
ベスト16以上の組み合わせ

 18日、第104回全国高校野球選手権の東東京、西東京大会の組み合わせ抽選会が行われる。7月9日の開会式とともに、夏甲子園出場に向けての戦いがスタートする。

 この春の都大会の上位進出校は以下の通り。

優勝:関東一(東東京)

準優勝:二松学舎大附(東東京)

4強:日大三(西東京)、帝京(東東京)

8強:國學院久我山東海大菅生(西東京)、日体大荏原東京成徳大高(東東京)

ベスト16:都立小山台修徳郁文館都立城東堀越(東東京)、早稲田実業駒大高日大鶴ヶ丘(西東京)

 春季都大会では決勝を戦った関東一二松学舎大附はともに東東京のチーム。西東京からも日大三國學院久我山東海大菅生と強豪校が食い込んでいる。上記のベスト16が夏のシード校で、東東京が10校、西東京が6校。東西ともに、大混戦が予想される。

 東東京、西東京をそれぞれ制すのはどのチームになるのか、注目だ。